遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

連珠(にゃんこならべ)VS将棋 ボードゲーム異種対決

ボードゲーム異種対決のルールを考える 第4回

「連珠(にゃんこならべ)VS将棋」

今回はここまで登場しなかった連珠(にゃんこならべ)と、6種からくじ引きして選んだ将棋との対戦になりました。

これで7種全部登場しましたね。

 

ここまでの対戦はこちら↓

チェスVSどうぶつしょうぎ ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ

将棋VSバックギャモン ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ

囲碁VSオセロ ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ

 

選手紹介

連珠(にゃんこならべ)は、いわゆる五目並べです。

特殊なルールを使わなければ、オセロと同じくらい簡単に遊べる楽しいゲームなので

もっと世間に普及してもいいと思うのです。

そういう点では、にゃんこならべという可愛いデザインで販売されているのはナイスですね。

f:id:nezumileader:20180805192533j:plain

にゃんこならべは、ダウンロードなしですぐに遊べる無料ゲームもあります。

こちらで少し遊んでみると面白さが分かりますよ↓

にゃんこならべ

 

にゃんこならべのホームゲーム

とりあえずにゃんこ盤に並べてみました。

うーん、窮屈やねえ(;´∀`)

王将「せまいんじゃー。満員電車か!」

 

しかも飛車が簡単に横から出られるので、これでは飛車と角の2人が暴れるだけのゲームになっちゃいますね。

f:id:nezumileader:20180805192559j:plain

 

将棋のホームゲーム

まあこちらがおそらく正解でしょう。

とは言えこれも角道を開ければ・・・

f:id:nezumileader:20180805192707j:plain

 

角が1人で暴れるだけで、とても5目なんて並べようがないですね。

f:id:nezumileader:20180805192744j:plain

 

いつもの試行錯誤。どうしたものかー

となると将棋側に制限をつけるか、にゃんこ側に攻撃力をつけるかですね。

例えば3匹の真ん中が取られたときだけ取り返せるとか・・・

f:id:nezumileader:20180805192841j:plain

 

いまいちだな・・・

あまり機能してるとは言えない。うーん

f:id:nezumileader:20180805192912j:plain

 

にゃんこならべに合わせて、交点に置くとか。

いやこれ、何の意味もないなあ。うむー

f:id:nezumileader:20180805192947j:plain

この後も将棋側の駒を減らすとか、4個並べたら勝ちとか、にゃんこは2手打てるとかいろいろ試したのですが、なんかしっくりきません。

今回は、今までになくルール考察に苦戦しました。

 

ちょっと見えてきた。これはいけるかも

黒にゃんこを使うと相手の駒を取り除けるという方法を考えてみました。

便利だからといって使いすぎると白にゃんこを並べるスペースがなくなるし、面白いアイデアなのでは。

しかし無制限というのではゲームが成立しなくなるので、例えば・・・

f:id:nezumileader:20180805193051j:plain

 

相手が白にゃんこを取ったら、黒にゃんこが手に入るとしてみます。

f:id:nezumileader:20180806183626j:plain

 

これは少し機能しそうだと、手ごたえを感じました。

しかしこのルールだけでは、にゃんこ側が強すぎました。そこで・・・

f:id:nezumileader:20180806183732j:plain

 

黒にゃんこを使ったときは、将棋側が2手続けて打てる、ということにします。

例えばこの場面、黒にゃんこを使ったので将棋側が2手打とうとしています。

歩を2つ進めれば白にゃんこを取れますが、そうしたらまた相手に黒にゃんこを与えてしまいますね。

f:id:nezumileader:20180806183813j:plain

 

そこで飛車先の歩を2つ進めました。

このように将棋側は、単純にたくさん取ればいいだけのゲームではなくなってきました。

f:id:nezumileader:20180806183850j:plain

 

少し進んだ局面です。黒にゃんこを使ったので、将棋側は桂馬を2回跳ねました。

このルールの利点は、将棋側の大駒以外の駒が活用されることです。

f:id:nezumileader:20180806184011j:plain

 

実際何度もルール調整するにつれ、こんな激戦になってきました。

これだけ広く使って両方に勝てる可能性があるなら、機能しているルールだと言えるのではないでしょうか。

中央に出ている2つの歩が、前に進むわけにいかなくなってるのが面白いです。

手番はにゃんこ側ですが、探せば探すほど色々な手がありそうなのです。

f:id:nezumileader:20180806184105j:plain

 

この後打ち進めたら、にゃんこ側に5目並べるスペースがなくなったので将棋の勝ちでした。

しかし紙一重の勝負でした。上の写真の続きをA Iが打ったら、にゃんこの勝ち筋を見つけるかもしれません。

f:id:nezumileader:20180806184132j:plain

 

今回の完成ルール

【にゃんこならべの勝利条件】白にゃんこを5目並べる

【将棋の勝利条件】白にゃんこを5目並ばせない。または黒にゃんこが5目並ぶ

 

【基本ルール】

将棋が先手を持つ。

にゃんこならべの初手は下2列には打てない。

白にゃんこを取られたら黒にゃんこが手に入る。

黒にゃんこを使うと王将以外の将棋駒を取れる。その後、将棋側は2手続けて打てる。

将棋側は黒にゃんこを取ることもできる。

千日手は引き分け

 

以上です。今までで一番難しかったのです

(;・∀・)ふえー

新しいゲームを考えてみる カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ