遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

チェスVSどうぶつしょうぎ ボードゲーム異種対決

ボードゲーム異種対決のルールを考える 第1回

「チェスVSどうぶつしょうぎ」

以前このブログで桑名七盤勝負についてとりあげました。

 

記事はこちら↓

nezumileader.hatenablog.com

 

今回の企画は、この7種のボードゲーム【囲碁・将棋・オセロ・チェス・バックギャモン・連珠・どうぶつしょうぎ】の中から無作為に2種を選び、対決方法を考えていくというものです。

まずこんなものを用意しました。 

f:id:nezumileader:20180721202251j:plain

 

これらを袋に入れてよく混ぜてから、

無作為に2つ取り出します。誰も見ていませんがガチです。

何が出ようと引き直しは一切しません。

組み合わせは7個から2個を選ぶので7C2

つまり(7×6)÷(2×1)=21通りあります。高校2年で習うはずですぞ(・∀・)

f:id:nezumileader:20180721202314j:plain

 

第1回はこれに決まりました。

おお、なんか噛み合わせが良さそうで安心した(*´▽`*)

最初はこれくらいでないと。

f:id:nezumileader:20180721202339j:plain

選手紹介

まずはチェス。

駒の動きの説明を全部書いていたら、それだけで1記事になってしまうので省略します。

Google先生に聞いてください。

前の列にたくさんいるポーン(兵士)の動きだけ書いておきます。

こいつは基本的には前に1歩ずつ進むのですが、最初だけは2歩動くこともできたり駒を取るときだけはナナメに動く変なやつです。

f:id:nezumileader:20180721202442j:plain

 

続いて、どうぶつしょうぎ。

動ける方向は赤い点で書かれています。わかりやすいわあ(^O^)

どの駒も1マスずつ動きます。

f:id:nezumileader:20180721202515j:plain

 

この2つのゲームの共通点は、

キング(ライオン)を取ったら勝ちなこと。

 

大きく異なる点は、

どうぶつしょうぎは相手から取った駒を使えること。

あとは土俵をどちらにするか・・・

f:id:nezumileader:20180721202406j:plain

 

どうぶつしょうぎのホームゲーム

まずはどうぶつしょうぎ盤で。特徴の近いものを合わせてみました。

ライオンとキングは同じ動きだからオッケー。

ヒヨコとポーンも能力的には近いからいいとして・・・

左上のルーク(塔)と右上のビショップ(僧正)が強すぎるか。

ルークとビショップは将棋で言うと飛車と角の動きです。

f:id:nezumileader:20180721202553j:plain

どうぶつしょうぎだけが、相手から取った駒を使えるとすると、どうぶつしょうぎが強すぎる。

そうしないならチェスが強すぎるので・・・

 

左右をナイト(騎士)に代えてみました。

ナイトは将棋で言うと桂馬の動きですが、全方位に動ける桂馬です。

これなら、少しいい勝負になりそうな・・・

f:id:nezumileader:20180721202628j:plain

 

と思ったら、1手詰めを見つけてしまいました。

チェス先手なら、これで勝ちです。

ライオンはこのままならナイトに取られるし、斜めに逃げてもポーンに取られます。

f:id:nezumileader:20180721202659j:plain

 

チェスのホームゲーム

今度はチェス盤で。こちらのほうが調整が効きそうです。

 

って、どうぶつコマがでかすぎて、はみ出してるやん!

\(^o^)/これはだめだー

f:id:nezumileader:20180721202731j:plain

 

こうなれば出しますか。こいつを。

うちの秘密兵器が、まさかこんな形で出番があるとは。

f:id:nezumileader:20180721202803j:plain

 

これは、わんにゃんチェスです。高かったですよー

こいつの自慢は後日あらためて。

f:id:nezumileader:20180721202832j:plain

 

おおお・・ぴったりだ。

これがシンクロニシティというやつなのか。

少し感動してしまった。

f:id:nezumileader:20180721202857j:plain

 

戦力差を埋めるため、どうぶつしょうぎ側は2組でチームにしました。

さらに「両方のライオンが取られるまで戦える」ということにしてみます。

と言っても、まだチェスの戦力の方が圧倒的に上です。

f:id:nezumileader:20180721202957j:plain

 

調整、調整、さらに調整

そこでチェス側はクイーン(女王)を除く全ての駒を、各1つずつ使うことにしてみました。

クイーンは将棋で言えば、飛車と角を合わせた動きです。強すぎるので外しました。

f:id:nezumileader:20180721203038j:plain

 

機動力のチェスに対して、団結して動くどうぶつしょうぎ

なんか力を合わせる感じがかわいい。

そして意外にも、どうぶつしょうぎ側の方が強い。

タダ取りにだけならないように固まっていれば、チェスの駒が先になくなるので。

f:id:nezumileader:20180721203117j:plain

 

これならクイーン入れても良さそう。

何度もやりながら調整の繰り返し。ねずみは、この企画ガチで考えていますからね。

どうぶつしょうぎ側は、「自陣3列目以内での自由配置」というルールを入れるのも良さそう。

f:id:nezumileader:20180721203157j:plain

 

展開はやはり「機動力VS団結力になっていく。

この調整で、かなり互角の戦いになってきました。

f:id:nezumileader:20180721203310j:plain

 

すごいことを気が付いてしまった

実は1度片づけて写真編集しているときに、すごいことを閃いてしまいました。

小さいほうのチェス盤で、どうぶつしょうぎの駒を、4マスにまたがって置くのです。

これだ!これでこそ異種対決!

ねずみは天才かもしれない(●´ω`●)

f:id:nezumileader:20180721203353j:plain

どうぶつのでかさに、たじろぐ騎士たち

 

そして駒の動きは、このサイズなら当然・・・

f:id:nezumileader:20180721203425j:plain

 

こう。ガブっと丸飲みだー

f:id:nezumileader:20180721203455j:plain

 

さらに、このように半分だけずらす動きも出来ることにします。

このルールは意外なほど機能します。

f:id:nezumileader:20180721204644j:plain

 

今回の結論 

駒の数を同数にして、今回の最終形はこうなりました。

取った駒を使うのはお互いなし(チェス駒は、けものフレンズじゃないし・・・)

ライオンは、チェスのキングと向かい合ってるほうが真のキング(こちらが倒されたら負け)

これでかなり均衡した勝負ができるはずです。

f:id:nezumileader:20180721203529j:plain

次回はチェスとどうぶつしょうぎ以外の5種から、同様に2種を選んでルールを考えてみます。

絶対こんなうまく噛み合わないやろなあ・・・

新しいゲームを考えてみる カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ