遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

将棋VSバックギャモン ボードゲーム異種対決

ボードゲーム異種対決のルールを考える 第2回

「将棋VSバックギャモン」

さあボードゲーム異種対決、第2回です。

 

第1回はこちら↓

nezumileader.hatenablog.com

 

 今回はくじ引きの結果、将棋VSバックギャモンになりました。

おおお・・・いっきにハードルが上がった(;・∀・) 

完全に別物のゲームだけど噛み合うのだろうか。

f:id:nezumileader:20180722190118j:plain

しかし、こうでなければ、やりがいがないですね。 

がんばってルールを考察してみます。

 

選手紹介

まずはおなじみ、将棋です。

駒の動きの解説はしませんよ。Google先生に聞いてください。

相手の王を取ったら勝ちです。

f:id:nezumileader:20180724215731j:plain

 

そしてバックギャモンです。

右にある入れ物はサイコロを振るのに使います。

カクテルみたいにシャカシャカします。

サイコロを振って駒を進めて、自分の駒全てをゴールさせたら勝ちです。

f:id:nezumileader:20180724215757j:plain

 

少しだけ解説します。

黒の駒はどの駒も、反時計回りに動きながら右下のゴールまで進みます。

右上の2つの駒が一番ゴールから遠い位置です。

f:id:nezumileader:20180724215932j:plain

 

例えばサイコロを振って1・3が出たとします。

そこで赤の場所にあった駒を1青の場所にあった駒を3進めました。

バックギャモンは、このように2つの駒を重ねるように動かすのが基本戦術です。

なぜなら・・・

f:id:nezumileader:20180724220004j:plain

 

ぼっちの駒はクリボーのように踏んづけられて、振り出しに戻されちゃうのです。

いややー (>_<)

逆に2つ重なっていれば、相手はそのマスに止まれなくなるので

相手の進行を妨げやすくなります。

f:id:nezumileader:20180724220039j:plain

 

最後はこのようにゴールエリアに全員入ってから、右のポケットに全部収めれば上がりです。

f:id:nezumileader:20180724220118j:plain

 

さて、共通点のかけらもない両者ですが

どうしたものか・・・

しいて言えば、どちらも線で区切られたマスがあるくらいか。

f:id:nezumileader:20180724215838j:plain

バックギャモンのホームゲーム

まずはバックギャモンのホームグラウンドに集まってみました。

うーん。とんでもなくカオスだ。

王は高みに立ってしまったし。

f:id:nezumileader:20180724220207j:plain

 

まあ王様も地面には降りてもらおう。

王将「ちっ」 

この後どうするか見当もつかないけれど、試みに動かしてみます。

f:id:nezumileader:20180724220238j:plain

 

とりあえず四間飛車にして、美濃囲いにして、

だから、何を目標にすればいいのか!?

\(^o^)/お手上げやー

f:id:nezumileader:20180724220302j:plain

 

将棋のホームゲーム

まあこっちの盤を使うのが無難でしょう。

そして将棋側の目標が欲しいので、バックギャモンの駒の1つをキングにしました

名付けてキングギャモン

おおっなんか、かっけー。

f:id:nezumileader:20180724220345j:plain

 

これ、5が出たらバックギャモンの1手勝ちですね。

これではまずい・・・

f:id:nezumileader:20180724220444j:plain

 

そこで駒数をぐっと減らして

12が出ても王将まで届かないような配置にしました。

キングギャモンを取れば将棋の勝ち。

王将を取るか、キングギャモンがゴールしたらバックギャモンの勝ち。

f:id:nezumileader:20180724220524j:plain

 

このルールでなんか良さそう。

ちょっとまとまってきたぞ(*´▽`*)

 

先手4八玉。とりあえず王将を逃がしました。

後手、

f:id:nezumileader:20180724220627j:plain

 

先手7六歩。角道を開けました。当然の1手という感じです。

後手

次に角でキングギャモンを取れるじゃないかと思うでしょうが

これは、ぼっちじゃないので取れません。

f:id:nezumileader:20180724220707j:plain

 

ここからはダイジェストで。

角が上がって中央の1子を狙いにいきます。

色々考えながら撮影してて、角を成るのを忘れてました。

f:id:nezumileader:20180724220809j:plain

 

4のゾロ目!

バックギャモンのゾロ目は非常に強力で、行動回数を2倍にします。

つまり4・4と駒を動かした後、もう一度4・4と動かせます。

これで一気にバックギャモンが優勢になりました。

f:id:nezumileader:20180724220852j:plain

 

将棋側は1子を取るのが精いっぱいで、左下を食い破られました。

f:id:nezumileader:20180724220945j:plain

 

こうなればキングギャモンは取れないので、バックギャモンの勝ちです。

f:id:nezumileader:20180724221025j:plain

 

完成形が見えてきた

バックギャモンが強すぎるので、駒数を6→4まで減らしました。

f:id:nezumileader:20180724221419j:plain

 

これは、かなり互角の戦いになりました。

何回かテストプレーしましたが、どちらにも勝機があります。

f:id:nezumileader:20180724221242j:plain

 

しかし、やっていて将棋側に有力な陣形を見つけてしまいました。

これは将棋側が2手打っただけですが、これで突破が少し難しくなっています。

つまり角飛王のいる場所は駒が縦に重なっているので、バックギャモン駒はそこに止まれないのです。

f:id:nezumileader:20180724221453j:plain

 

今回の完成形

そのあたりも踏まえて、今回の完成形はこうなりました。

バックギャモンが先手の場合、サイコロで5・6が出れば王将に届きますが

第一手での王将取りは禁止とします。

f:id:nezumileader:20180724221139j:plain

【将棋の勝利条件】キングギャモンを取る

【バックギャモンの勝利条件】王将を踏むか、キングギャモンをゴールさせる(右側の金からがゴールエリア。以降の上がり手順はバックギャモンのルール通り)

 

【その他の重要ルール】初手での王将取りの禁止・相手の駒が縦に重なっているマスには入れない・お互いに取った駒はゲーム中使わない (バックギャモン駒のエンターの有無はオプションルールで)

 

バランス調整はまだまだ必要ですが、ひとまずここまでです。

なんとかなったなあ(*´ω`*) 

編集後に、バックギャモン盤のほうにも可能性はないか

あらためて考えてみました。 

f:id:nezumileader:20180724221650j:plain

いや。やっぱないわー

 

新しいゲームを考えてみる カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ