遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

囲碁VSオセロ ボードゲーム異種対決

ボードゲーム異種対決のルールを考える 第3回

「囲碁VSオセロ」

最近この企画が一番楽しいねずみです。試行錯誤して最適解を探すのは、パズルの問題を解くような面白さを感じます。

 

第1回・第2回はこちら↓

チェスVSどうぶつしょうぎ ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ

将棋VSバックギャモン ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ

 

さて今回の組み合わせはこうなりました。

どっちが強いか白黒つけようぜ、という対決ですね。

f:id:nezumileader:20180728180211j:plain

選手紹介

囲碁は陣地の広さを競うのに対し、オセロは石数を競います。

また、囲碁は相手の石を囲んで取ることが出来るのに対し、オセロは相手の石を挟んで裏返します。

黒が先手番なのと、「石」と呼ぶのは共通ですね。

f:id:nezumileader:20180804055728j:plain

 

この対決を考えたとき、直感したのはオセロの強さです。

オセロは相手の石が何個だろうと、たやすく裏返るのに

f:id:nezumileader:20180804060045j:plain

 

囲碁は1つの石を取るのに4手かかります。攻撃力の差は歴然です。

f:id:nezumileader:20180804060109j:plain

ただ囲碁は石を取るのが目的のゲームではなく、広い陣地を作るのが目的のゲームです。

 

それについて少し説明をしてみます。

同棲してケンカ中のカップルをイメージしてください。

うさぎとねずみの、よくわかる囲碁るーる

うさぎ「この白い線からこっちは私の部屋だからね!勝手に入らないでよ!」

ねずみ「な、なにをー!だったらこの黒い線からこっちはオイラの部屋だからな」

f:id:nezumileader:20180804055757j:plain

 

そして部屋が広い(交点の数が多い)ほうが勝ちです。

ゲーム終了時には、このように数えやすく整地します。

黒が66目、白が57目あるので黒の方が9目広いです。

ただし囲碁は先手の黒が有利なため6目半のコミがあります。

つまり9目-6目半=2目半で、黒の2目半勝ちです。

f:id:nezumileader:20180804055825j:plain

ねずみ「オイラのほうが2目半ひろいなり~」

うさぎ「むきーーーねずみのくせになまいきなー」

 

さてどちらの盤を使うかですが、これは迷う必要がないです。

囲碁の9路盤とオセロ盤は、広さが同じだからです。

となればオセロの石の大きさから考えて、オセロ盤を使うしかありません。

f:id:nezumileader:20180804055908j:plain

 

次に考えるのは、石を枠内に置くのか交点に置くのかですが・・・

これは交点に置くのが正解な気がします。オセロの強さをわずかでも緩和できますし、オセロから見ても不自然さがないからです。

f:id:nezumileader:20180804055942j:plain

いつものように試行錯誤していくー

勝利条件は決めずに、ともかく打ち進めてみます。はたしてどうなるか・・・

オセロ風の形にしてスタート。囲碁の先番。

普通の囲碁なら黒石をノビるかもしれませんが、相手がオセロなら挟まれるだけですね。広く打つよりないでしょう。

f:id:nezumileader:20180804060011j:plain

 

オセロはさっそく裏返す。というか挟んだら石の色を変えることにしました。

これ、普通の囲碁だったら黒はすでに、やる気なくすくらいの大差です。

f:id:nezumileader:20180804060141j:plain

 

囲碁が3手打ってオセロの手番です。

オセロ同士なら、相手の石を挟めない場所に打つことは出来ませんが、この対戦では好きな場所に打てるルールにせざるを得ないですね。

f:id:nezumileader:20180804060215j:plain

 

しばらく打ち進めてみましたが、囲碁3段のねずみが全力で打っても、囲碁は惨憺たるありさまでした。

オセロは想像以上に強い。これは何らかの方法を考えねば・・・

f:id:nezumileader:20180804060241j:plain

 

戦力差を整える策

オセロの1手に対して、囲碁は2手打てるルールにしてみます(オセロは必ず先番とします)

かなりのハンデのように思うでしょうが、何回か試みにこのルールで打ってみた手ごたえとしては、これでもオセロが強いくらいだと感じています。

f:id:nezumileader:20180804060313j:plain

 

まず、基本的なルールを確認しておきます。

オセロが白石を挟むと黒石に変わります。その後はオセロの黒と同等の扱いです。

f:id:nezumileader:20180804060444j:plain

 

囲碁は囲碁のルール通り、相手の石を囲えば取り除くことが出来ます。

f:id:nezumileader:20180804060520j:plain

 

そしてここからが、ねずみの発案ルールです。

囲碁は自分の手番で5目の地を作ったら勝ちです。オセロ相手に2眼の生きは全く無意味なので眼形は問いませんが、欠け目は地に数えません。

囲碁をやったことがない人に解説しますと、右側の赤い部分が5目、左側が4目の地です。青いバツのところは欠け目といって地に数えません。
f:id:nezumileader:20180804060349j:plain

ふーん。そういうものなのかー(´▽`)

と、見てもらえばいいです。とりあえず。

 

もう1例。これも右は5目、左は4目です。

f:id:nezumileader:20180804060417j:plain

 

何度かテストプレーしてみました。

ここまで書いた通り、オセロが先番で黒。

囲碁は常に2手ずつ打てます。

この時点では囲碁に地は1目もありません。

f:id:nezumileader:20180804061633j:plain

 

さらに打ち進めて右辺と左上に、わずかに地が作れそうになってきました。

ここまでオセロは4個の石を裏返し、囲碁は1個の石を取っていますが、それらの石は特に意味を持ちません。

勝負は囲碁が「5目の地を作れるかどうか」のみです。

f:id:nezumileader:20180804061703j:plain

 

ゲーム終盤、左上にかろうじて3目の地を作れました。

これが限界でしょう。あとはオセロが左上の石をひっくり返していくだけで、囲碁側に地を作るスペースがなくなります。

これはオセロの勝ちでしょう。

f:id:nezumileader:20180804061744j:plain

 

そう思っていちおう打ち進めてみたら、黒石を1個取って地を増やす手が出現しました。左上に6目の地ができて、これは囲碁の勝ちです。

かなり際どい勝負になったので、このルールで成立できそうです。

f:id:nezumileader:20180804061839j:plain

今回の完成ルール

【囲碁の勝利条件】自分の手番で合計で5目以上の地を作る

【オセロの勝利条件】囲碁に5目の地を作らせない

【基本ルール】オセロが黒で先番。オセロは挟めなくても好きな場所に打てる。

囲碁は常に2手打てる。欠け目は目に数えない。

 

以上です。勝利条件を何目にするか。アゲハマを地に加えるか。

そのあたりはルールで微調整ができそうですね。

次回は、ここまで登場していない連珠(にゃんこならべ)と

それ以外の6種をくじ引きして対戦です。

新しいゲームを考えてみる カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ