ギフトトラップ ボードゲーム

こんなゲームもあるのかあ! 第17回

ギフトトラップ

☆☆メリークリスマス☆☆皆さま ヾ(^▽^)

まあすでに、気持ちは年越しモードに切り替わっているでしょうが。

 

さて、クリスマスと言えばプレゼント。

もらう側の人は嬉しいけれど

あげる側の人は何を贈ったものかと頭を悩ませるところ。

クリスマスに限らず、ギフトって難しい。

何をあげたら喜ぶのかなんて、本人でさえ分からなかったりするのだから。

 

ということで今回紹介するのは

プレゼントのセンスを競うゲーム『ギフトトラップ』です。

f:id:nezumileader:20191214212728j:plain

 

 

ねずみのお気に入りトップ5に入るくらい大好きなゲームなのですが

日本語版が、もう売っていないのです。

そうでなければとっくに「厳選ボードゲーム紹介」のほうで記事にしていましたよ。

 

めちゃくちゃ面白いゲームなのになあ・・・

英語版のほうは見かけるので、英語が得意な人はそちらを。 

f:id:nezumileader:20191214212732j:plain

 

欲しいのはどれか。いらないのはどれか。

ギフトトラップは

相手が最も欲しいであろう商品を選んでプレゼントするゲームです。

より欲しがっているものを贈るほど高得点が入りますが

いらないものを贈るとマイナス点です。

(゚Д゚)ノザケンナー!

f:id:nezumileader:20191214212745j:plain

①二丁水鉄砲 ②歌舞伎の観劇 ③プロによる似顔絵

④スムージーメーカー ⑤マトリョーシカ ⑥タロット占い

⑦サンタスーツ ⑧マイナー曲をカラオケに登録 ⑨ダーツボード

 

 

そして、これだ!と思うものを

番号タイルを使って、お互いにプレゼントしあうのです。

3人以上で遊ぶときは同じタイルを2人には贈れないので

「誰にどれを贈るか」という形で考えることになります。

f:id:nezumileader:20191214212740j:plain

あっ8だけ逆さだった。

まあいいや、撮り直すのめんどくさい。

 

何が欲しいかは本人でさえ分からない

番号タイルの交換が終わったら

ボードの商品の上に4つのチップを乗せていきます。

(欲しい順に3つ。最もいらないものを1つ。)

 

最高に欲しいすごく欲しいまあまあ欲しいいらない

皆さんもさっきの9つの商品で

自分ならどれが欲しいか、どれがいらないか考えてみてください。

f:id:nezumileader:20191214212736j:plain

 

ちなみにねずみは、さっきの商品ならこんな感じです。

最高に欲しい→タロット占い

すごく欲しい→歌舞伎の観劇

まあまあ欲しい→スムージーメーカー

いらない→ダーツボード

 

ダーツボードはすでに持ってるのでー (´∀`∩

nezumileader.hatenablog.com

 

こうしてその人の嗜好を読み切った人に点数が入るわけです。

しかし、今の例のように

「好きだけど持ってるからいらない」という理不尽なパターンもあるので難しい。

リアルでもそういうことがあるからなあ。  

f:id:nezumileader:20191214212810j:plain

 

しかも、この記事を書きあげた後になって

マトリョーシカが急に欲しくなってきました。

欲しいものはリアルタイムで日々変わっていくのです。

だからこそ面白いのですが。

f:id:nezumileader:20191225111009j:plain

 

相手の趣味嗜好を知るゲーム

まずは適当に9枚のカードを選んでボードに並べます。

あまりピンとこないものがあれば、相談して取り替えるといいでしょう。

 

ねずみ「9枚、こんな感じでいいかな」

グレー「まあいんじゃね?」

ミケ「タダでもらえるならゴミでも欲しいからな」

ねずみ「いや、ゴミはいらねえ」

f:id:nezumileader:20191214212812j:plain

 

 

このゲームは毎回いろいろなものが出てくるから

何回遊んでも飽きません。

そしてその中から、相手の欲しそうなものを考えるのがすごく楽しい。

 

ねずみ「さてどうするか。グレーはサバイバルキットとか好きそう。クロは・・・」 

f:id:nezumileader:20191214212815j:plain

①パスタメーカー ②ラジコン飛行機 ③招き猫

④トイレットペーパー1年分 ⑤サバイバルキット ⑥落ち葉吹き飛ばし機

⑦野球のグラブ ⑧全身マッサージ ⑨ちょうちん

 

 

贈るものが決まったら

お互いにどんどん番号タイルを渡していきます。

どれを贈ったか分からないように、裏向きで渡してください。

 

ねずみ「 まあこれでいいかな。はい」

クロ「わーい♪」

グレー「ねずみ、置いとくぞ」

f:id:nezumileader:20191214212818j:plain

 

 

ねずみ「問題はやつだ。何を考えているかさっぱり分からん」

ミケ「ワシ、わりと全部欲しいが」

ねずみ「だよな。厚かましい」

f:id:nezumileader:20191214212822j:plain

 

欲しいものが分かりやすい人

そして各自欲しいものに裏向きでチップを置いていきます。

自分が欲しいものを選ぶのが、また楽しい。

 

ねずみ「こう見ると、いろいろ欲しくなってくるなあ」

ミケ「だからさっきそう言ったやろが」

f:id:nezumileader:20191214212825j:plain

 

 

全員がチップを置いたら、順に発表していきます。

 

ねずみ「発表します。ねずみが最高に欲しいのは野球のグラブ」

ミケ「知ってた」

グレー「知ってた」

クロ「知ってた」

ねずみ「・・・何だろう。なんか悔しい」 

f:id:nezumileader:20191214212922j:plain

趣味嗜好が分かりやすい人は当てられやすい。

 

なんでそれが欲しいのか!

このゲームをすると、相手の意外な一面を知ることも。

 

グレー「俺は1位パスタメーカー、2位サバイバルキット」

ねずみ「パスタメーカー?なんで!?」

グレー「最近料理にハマってるからな」

ねずみ「ほー。知らなんだ」 

f:id:nezumileader:20191214212929j:plain

 

 

ミケ「ワシは1位、全身マッサージ」

ねずみ「ネコのくせにジジくさいやつだな!」

f:id:nezumileader:20191214212934j:plain

 

 

クロ「僕は招き猫」

ねずみ「自分で招いてろよ!」

f:id:nezumileader:20191214212937j:plain

 

より価値の高い商品に

黄色カードが終わったら

の順に

より価値の高い商品カードに替えて順にラウンドします。

この要素があるので、ゲーム中どんどんテンションが上がります。

f:id:nezumileader:20191214212742j:plain

 

 

なにしろ黒カードなんかは、夢のような商品がいっぱい!

皆さんはどれが一番欲しいですか。

f:id:nezumileader:20191214212940j:plain

①飛べるようになる ②充電の必要ない携帯電話

③すぐに体重が10キロ減る薬 ④動物との会話を修得

 

プレゼントセンスが全くないねずみは

日々このゲームでセンスを磨いています。

まあでも、現金をあげるのが1番喜ばれるよなあ( ̄▽ ̄)

 

こんなゲームもあるのかあ カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ

 

↓ ↓ ↓これらは全部英語版です。訳しながら遊ぶのもいいかも。