THE BIG CHEESE(ビッグ・チーズ) ボードゲーム

こんなゲームもあるのかあ! 第25回

ビッグ・チーズ

もうすぐ干支がねずみからウシに変わってしまうというのに

このゲームをまだ記事にしていなかったことに気付いて慌てましたよ。

ねずみが働くダイスゲーム『ビッグ・チーズ』です。

 

このチーズ型の缶を見ただけで「これは絶対面白いゲームだ」と確信して

内容も知らずに買ってしまいました(*´ω`*)

もちろん本当に面白いゲームだったので、こうして記事にしています。

f:id:nezumileader:20201203205545j:plain

 

 

お菓子でも入っていそうな缶の中には

ゲームカードとねずみ駒と6種類のダイスが入っています。

(けっこうぎっちり入っています)

f:id:nezumileader:20201124194909j:plain

 

ねずみ・ダイス・仕事カード

これがねずみ駒です。各色11個ずつあります。

うち1つは得点表示用に使いますので、1人の手持ち駒は10個です。

小さいながらも ねずみっぽさを感じるかわいいデザイン。

木の駒ってやっぱりいいですよねえ。

f:id:nezumileader:20201124194911j:plain

 

 

6種のダイスです。左上から順に

4面ダイス・6面ダイス・8面ダイス

10面ダイス・12面ダイス・20面ダイス

こういう特殊ダイスって振るのがすごく楽しい(^o^)丿⌒◆

特に20面のやつは重量感があって、振るときはテンションが上がります。

f:id:nezumileader:20201124194916j:plain

  

仕事カードです。ねずみたちが働いていますねえ。

カード左上に書かれている数字は

その種類のダイスを振れるということを表しています。(出した目が得点になります)

となれば当然大きな数字カードほど欲しいところ。

f:id:nezumileader:20201124194921j:plain

このゲームのイラスト、ホンワカしてお気に入りです(*´▽`*)

 

でっかい仕事(ビジネス)はでっかい点になる!かも

カードは1枚ずつめくっては、競りによって獲得する権利を争います。

欲しいと思うなら、前のプレイヤーよりも多くのねずみ駒を提示するしかありません。

 

しかし何個まで駒を出すかは非常に悩ましいところ。

例えば「8面ダイスを振ることにどれくらい価値があるだろうか」と考えます。

あまり駒を使ってしまうと、次のカードが20なんてときに競れなくなりますからね。

仕事に割く人数はビジネス感覚で考えましょう。

f:id:nezumileader:20201124194956j:plain

 

ダイスは仕事が済んでから

カードを獲得してもすぐにダイスを振れるわけではありません。

獲得に使用したねずみたちは、取ったカードの上にそのまま乗せておきますが

ダイスを振るのはそのねずみたちが全員帰ってからです。

(競りが1枚解決するごとに各カードから1匹ずつ手元に帰ってきます) 

f:id:nezumileader:20201124194959j:plain

例えば獲得に3個のねずみ駒を使っていたとしたら

ダイスを振れるのは3ターン後です。

 

 

ところで、こういうダイスゲームにはダイスタワーがあると便利ですよ。

と、いつもの過去記事を宣伝☆

 

得点表示がかわいい

これは得点表示カードです。40点で勝ちです。

ということはもしかしたら20面ダイスを2回振るだけで勝てるかも!?

そんなふうに、大きなダイスには大きな夢があります。

f:id:nezumileader:20201124194918j:plain

 

全集中でダイスを振れ!

しかし大きな数字カードを競り取るにはどうしても多くの駒を出すので

ダイスを振るまでに、しばらくターンがかかります。

それだけに、いよいよ振れるとなると自然と気合が入ってきます。

 

ねずみ「いくぜ20面ダイス!長かったぜまったく」

ミケ「どうせ1とか2が出るんやろなあ」

ねずみ「ふっ、ありえないね!全集中で振るからな」

クロ「サイコロの呼吸?」

f:id:nezumileader:20201203200433j:plain

 

 

ねずみ「5だ」

クロ「まあ悪くないのでは」

ミケ「ねずみにしてはやるやないか」

グレー「ねずみにしてはがんばったぞ」

f:id:nezumileader:20201203200435j:plain

20面ダイスだから得点が稼げる!

とは限らないから、ゲームも世界もままならないものです。

 

振り直しチケット『ビッグチーズ』

このゲームにはダイスの振り直しが出来る「ビッグチーズ」というカードもあります。

このカードも競りで獲得しますが、ここぞという場面で使うと非常に効果的です。

 

ねずみ「5点なんぞいらねえ。ビッグチーズ発動!」

グレー「振り直しか」

ミケ「どうせ1とか2が出るんやろなあ」

ねずみ「ふっ、ありえないね!普通に確率を考えればな」

f:id:nezumileader:20201208011301j:plain

 

 

ねずみ「2だ」

ミケ「いや、見事やな」

クロ「さっき4面ダイスですら3進んだのに」

ねずみ「うむーなんという不条理」

f:id:nezumileader:20201203200440j:plain

 

20面ダイスが4面ダイスに負けるというのは、このゲームではよくあります。

まあそれが笑えるのですが。

何事も確率通りにはいかない、ということですかねえ(´・ω・`)

 

こんなゲームもあるのかあ カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ