Ubongo(ウボンゴ) ボードゲーム

厳選ボードゲーム紹介 第16回

ウボンゴ

年齢を問わない(3歳くらいから何歳まででも)まさに万人向けの脳トレゲームです。

脳トレ大事ですよ。脳トレ。

初めてボードゲームをする人にもゲーマーの人にも、おじいちゃんにも小さなお子様にも

とりあえずこれを出しておけばウケるので、素晴らしく便利なゲームです。

 

スタートの合図で全員がいっせいに

「えー、こう?こうかな?えー分かんない!あっ分かったかも」などと

ブツブツひとり言を言いながらパズルを解いていきます。

そして解けた人は「ウボンゴ!!」と高らかに叫びます。

 

( ゚Д゚)わあーー解けた解けた!ウボンゴ!ウボんごー!!

 

まあ、そんな感じのゲームです。

f:id:nezumileader:20180928223510j:plain

 

 

調べてみたら「ウボンゴ」は「脳」という意味らしいです。

まさか文字通りだったとは。まさに脳のゲーム。

そして写真を見ただけで遊び方が分かりそうなくらい、見たまんまのゲームです。

f:id:nezumileader:20180929223650j:plain

 

ウボンゴで遊ぶンゴー

カード上部を見てください。

サイコロで出たマークの下3つのパーツを使用します。

ここではサイコロでゲンゴロウみたいなやつが出たので、右端の3つですね。

もう、あとは何をするか分かるでしょう。

f:id:nezumileader:20180929223713j:plain

 

 

つまりこうやって当てはめるわけです。

このゲームがすごいのは

サイコロで6種類どの列が出ても全部ぴったり入るところ。

初めて遊んだ人は、例外なくそのことに驚きます。

ねずみもいまだに驚きます。これ作った人まじすごいよなあ(*´▽`*)

f:id:nezumileader:20180929223736j:plain

 

勝負するニャ・・ンゴー!

別に語尾に「んご」を付ける必要はありませんが。

 

まずは全員にパズルカードを配ります。

カードはたくさんありますが1枚1枚全部違います。

そして誰かがサイコロを振って、それぞれがパーツを取ります。

 

ねずみ「ダイスロール!ええと、ゾウみたいなやつ」

ミケ「そういえば昨日お団子を食べたんご」

グレー「それは羨ましいんご」

ねずみ「いいからさっさと取るんご!」

f:id:nezumileader:20180929223803j:plain

 

 

全員がパーツを取ったら、砂時計をひっくり返してスタート。

時間内に完成したら宝石を2つもらえます。

 

ねずみ「みんな準備オッケー?よし、スタート!」

クロ「あっもう分かったかも」

f:id:nezumileader:20180929223825j:plain

 

パーツは裏表で考えるんご

パーツを間違えていたら絶対に完成できないので要注意。

ちなみにパーツは裏返して使うことも出来るので、色々な合わせ方をする必要があるのです。

 

ねずみ「これは余裕だな」

f:id:nezumileader:20180929223849j:plain

 

見ただけでイメージして考えるのもいいですが、それで分からなければ 

とにかく動かしながら正解を見つけるしかない。

 

ねずみ「こうこう、こうか」

クロ「あれ、こうじゃないのか。あれ?」

f:id:nezumileader:20180929223914j:plain

 

 

ミケ「ウボンゴんごー」

グレー「ウボンゴ」

ねずみ「えっ、はやっウボンゴ!」

クロ「ウン・・ウボンゴー!」

f:id:nezumileader:20180929223940j:plain

 

同じ宝石をうまく集めよう

一番完成が早かった人は自分の駒の位置を動かすことができます。

その後時間内に完成した全員が、自分の駒の正面の宝石を2つ取ります。

このゲームは同じ色の宝石を多く集めたら勝ちなので

狙った列に動かせるのは有利なのです。

 

ミケ「この列で。青い宝石集める計画んご」

クロ「動かせるのいいなあ」

f:id:nezumileader:20180929224013j:plain

 

 

少なくとも砂時計が落ちきる前に完成しないと、宝石は1つももらえないので

ギリギリでも完成だけはしたいところ。

そして、ここからが本番です。用紙を裏返すと、なんと・・・

f:id:nezumileader:20180929224039j:plain

パーツが4つの上級モードになるのです!!

難易度は格段に跳ね上がります。パーツ3つなど素人さんの遊びですじゃ。

 

パーツ4つの難しさ!

たった1つパーツが増えただけと思うでしょうが

組み合わせのパターンが一気に多くなりますからね。超難しいです。

 

ねずみ「ふん、余裕余裕・・・うむう?」

f:id:nezumileader:20180929224105j:plain

 

 

グレー「ウボンゴ!」

クロ「うわーーーウボンゴ!」

ミケ「おっクロ、時間ぎりぎりやったなあ」

ねずみ「んんーっ?」

f:id:nezumileader:20180929224140j:plain

自分だけ出来ていないと、かなり恥ずかしい。

 

ウボンゴ練習問題

パーツ3つで練習問題です。

解けた人はコメント欄に「ウボンゴ」とでも書いてください。

ヒントが欲しい人は「ヒントが欲しいンゴ」とでも書いてください。

f:id:nezumileader:20180929224206j:plain

 

まあ皆さんならパーツ3つは余裕でしょう。 

レッツ脳トレ!\(^o^)

 

厳選ボードゲーム紹介 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ