遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

ボードゲームで右脳を鍛えたら買い物が40秒でできるようになった

40秒で支度しな!(byドーラ)

やや中二病のねずみです。

つい先日ABCマートに靴を買いにいったのですが、さあ選ぼうとすると

「選択肢が多すぎて大変だー」と当たり前なことを思ったのです。靴に限らず衣類やカバン、財布等、買い物するときは毎回そうです。

こういった長く使うものは慎重に選びたいので、普段なら1つ1つ丁寧に見ながら1時間くらいかけて店内を探し回るところなのですが・・・

 

見てください。カッコいい靴がいっぱいです。どうするよー

(↓店員さんに許可をもらって撮影しています)

f:id:nezumileader:20180717141512j:plain

 

しかし最近は、早く帰ってブログチェックして

「今日は、はてなスター何個ついてるかなー(・∀・)」とニヤニヤしたいので、とても時間が惜しいのです。

 

そんな今日この頃、この日は店に入った瞬間ふと思いつきました。

 

「あっ、そうだ。ちょっと頭を囲碁モードにして、右脳で買い物してみよう

ねずみは囲碁好きですが、かなりヒラメキに頼る宇宙流早碁タイプです。

全体をでっかく見ながら、

「この辺に打つといいかなーほへー(*´▽`*)」と深く考えずポンポン打っていきます。

f:id:nezumileader:20180717141604j:plain

 

意図的に右脳モードにする

そこで、いつもなら靴にさわれる距離まで近付いて選ぶところを、意図的にこのくらいの距離まで下がって

全体をぽやーっと見回すようにしてみました。

機能性だのメーカーだの値段だのを左脳で考えるのは一切やめて、右脳で感じるに任せました。

「考えるな 、感じるんだ・・・」

f:id:nezumileader:20180717141449j:plain

f:id:nezumileader:20180717141417j:plain

 

すると「あ、これだ」と1つだけ靴が浮かび上がって見えました。

まさに囲碁で「ここがよさそう」と、何となく手が見えるのと似ていました。

 

そうして40秒で買った靴はこれです。もし1時間かけても、やはりこれにしていたと確信しています。

サイズも1つしかなかったのにピッタリでした。これは運命だな(^O^)

ともかくこの脳の切り替え、買いかたのアプローチ方法の切り替えで、59分20秒も時間を得したことになります

f:id:nezumileader:20180717141347j:plain

なんかスーパークールって書いてありました。めっちゃ涼しくて軽いので大満足です。 

よーし右脳を鍛えるのう

かつてねずみには、右脳を鍛えるのがマイブームだった時期がありました。

人間は脳のほんのわずかしか使っていないという話を、聞いたことがある人も多いと思います。そこで、なんとなく未知のパワーがありそうな右脳を鍛えてみたくなったのです。

右脳を鍛えるためにいろいろやってみたことを書いてみます。

 

超高速音楽を聴く

なんか聞き取れないくらい超高速で音楽や外国語を聴くと、右脳が覚醒するようです。

特にモーツァルトはその効果があるとか。

ということで、超高速モーツァルトのCDをよく聴いていました。

「信じるか信じないかはあなた次第です」

f:id:nezumileader:20180717141540j:plain

左手で字を書いたり箸を使ったりする

体の左側が右脳とリンクしているというのは有名な話ですね。

一時はかなり練習したので、左手を使いこなせるようになった気がしました。

外食するときも左手を使っていたので、友達に「左利きだったっけ? 」とよく聞かれました。

意外にも、自分は右手の方が箸の持ち方が変です。

f:id:nezumileader:20180717141637j:plain

漫画やイラストを描く

クリエイティブな作業はまさしく右脳の得意とする分野です。

頭に浮かんだイメージを表現するのは、右脳の働きが感じられますね。

ところでねずみは寝つけないとき、自作漫画のストーリーを考えるようにしています。

そうすると不思議に眠れます。

何か脳の働きに理由があるのかもしれませんね。

f:id:nezumileader:20180717141700j:plain

あっ、右手で描いてしまった。

ボードゲームをする

これは、このブログでいつも紹介してますね。

厳選ボードゲーム紹介 第1回で紹介した、まさに右脳全開のゲーム「コンセプト」がおすすめです。

CONCEPT(コンセプト)ボードゲーム - 遊びの教室とまとくんブログ

f:id:nezumileader:20180614144413j:plain

 

右脳を使って便利なこと

買い物は靴に限らず、いろいろな場面で今後も試してみようと思っています。

普段右脳でやるのは食事のチョイスです。

瞬間的に頭に浮かんだら迷わないようにしています。

 

この前仕事先に行く途中で昼食を考えるとき、通りすがりにこれを目にしました。

「あ、これだ」と思うと迷いはなかったです。

f:id:nezumileader:20180718140726j:plain

 

左脳で考え始めると

「いや冷やし中華のほうがいいのでは・・」

「おにぎりだけ買って後で食べる手も・・」

「そもそも昼飯いらない気もするし・・」

と延々と迷ってしまうものです。きっとみなさんも経験ありますね。

しかし右脳で決めたなら一瞬。そしてそれはだいたい正解です。

f:id:nezumileader:20180718140822j:plain

 だって美味かったし( ^ q ^ )

 

しかしもちろん左脳が悪いわけではないです。論理的に考えたり計算したり文章を書いたりは、左脳の出番ですからね。

ブログの文章も右脳でざっくり書いてから、左脳で細部を修正してる感じです。

 

何か速やかに買い物をしたいときや、食事を迷わず決めたいときには、右脳のひらめきに任せる手が便利かもしれないと思った話でした。