遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

巨大ボール中当て 多人数運動遊び

多人数で出来る運動遊びの紹介 第3回

巨大ボール中当て

運動遊びの定番、「中当て」です。

爆弾ボールなんて言い方で、学校で遊ばれることも多いでしょう。

 

ここで紹介する中当てに使うボールは巨大なもの、具体的にはバランスボールを使って行います。

これですね。こんなやつです。

これだけで中当ての雰囲気や面白さが別物になります。

f:id:nezumileader:20180718200650j:plain

 

ねずみ「今日は中当てをします。ルール説明するから静かにー」

生徒A「はーい」

生徒B「先生ーサッカーやりたい」

ねずみ「えっ、いつもドッジボールって言うのに。ワールドカップ観たから?」

生徒C「先生、E君が登ってるー」 

f:id:nezumileader:20180718200233j:plain

必要なものとルール

【必要なもの】

バランスボール(大きいほどよい)

マット2枚またはラインカー(広い枠が作れればOK)

先生2人です。

そして可能な限り広く場所をとってください。

 

 

ねずみ「ボールが来たらよける。キャッチしたり蹴ったりは禁止」

「あと、絶対ジャンプしてよけようとしない。ボールに乗っかったら危険だからね」重要な指示です

f:id:nezumileader:20180718200256j:plain

 

ねずみ「よし、広がってーーーー」

生徒「わぁーーーーーーーーーーーーー!」

f:id:nezumileader:20180718200319j:plain

ネコ先生大地に立つ

 

ねずみ 「ボールよけるときにーーー周りの友達とぶつからないように気を付けるんだよーーー」

↑こういうのを「言葉の補助」といいます。

 

ネコ「よっしゃいくニャー」

f:id:nezumileader:20180718200348j:plain

 

ネコ「おらっ」

生徒「うおわああああぁぁ」

f:id:nezumileader:20180718200417j:plain

 

モーゼの海のように割れてよけていく生徒たち。

ボールは必ず転がすか水平に近い角度で投げてください。

高いボールが頭の上から当たると危険なので。

f:id:nezumileader:20180718200452j:plain

 

そして先生は左右に動きながら、危険のない強さで交互に投げていきます。

ねずみ「とうっ」

生徒D「あてっ」

最初は練習なので、誰かがボールに当たっても続けます。

f:id:nezumileader:20180718200522j:plain

 

慣れてくるとお調子者たちが、わざと当たりたくてボールに近付くようになってきます。

広がるように指示を出してもいいのですが・・・

ねずみ「よし、ここから本番ーーー。当たった人はーーはじっこに座っててーー」

このルール指示で再び広がってくれます。

f:id:nezumileader:20180718200547j:plain

 

最後の1人までゲームをやってしまうと、待っている子が退屈しだすので

ほどほどのところで終わって、当たらなかった人にみんなで拍手をしましょう。

f:id:nezumileader:20180718200614j:plain

盛り上がる遊びなので、先生もつい力が入ってしまいますが、

生徒のようすを見ながら、危険のないように、投げるテンポや強さを加減してください。

そして、十分にインターバルを取って無理のないようにしましょう。