遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

競技かるた 「ちはやふる」

「ちはやふる」みたいにバシッてやってみたい

漫画・アニメ・映画それぞれの「ちはやふる」を見て、これはとんでもなく面白いわあと、ねずみはすっかりちはやふるファンになってしまいました。

最初、少女漫画かと思って読んだら、まるで格闘バトル漫画を読んでいるような感覚でした。

 

そして自分でも競技かるたをやってみたいと思い、実際に体験してみて、「耳をすませて、音に素早く反応する」という今までになかった楽しさを知りました。非常に斬新で衝撃的でした。

ボードゲームには頭を使うものも反射神経を競うものもありますが、競技かるたは両方を極限まで使います。それは面白くないわけがないですね。

ということで、用意したもの3つ

まずは百人一首の取り札です。競技用のものは札がビシッと張っていて、畳とのあいだに空間が出来るので、払い飛ばしやすいのです。

もう競技用というだけでテンション上がりますね。紙質が高くて非常に美しいです。買ってしばらくは1人でバシッ、シュバッと札をあちこちに飛ばして遊んでました。

f:id:nezumileader:20180714210720j:plain

 

次はと座布団です。畳は最初1枚だけ買いましたが、体を前傾姿勢にすることの重要性を理解したので、3枚に増やしました。

座布団はヒザが痛い人用です。

f:id:nezumileader:20180714210742j:plain

 

そして「わすらもち」というアプリです。

これが素晴らしく便利で、必要な句と必要な空札枚数を選んでスタートすると、きれいな声で序歌から順に読み上げてくれます。

めっちゃ優秀なアプリでユーザー評価も高いのに、なんと無料です!ヾ(^▽^)play.google.com

 

競技かるたのルール

黄色い枠内が敵陣、青い枠内が自陣です。この枠が競技線です。

100枚ある取り札から、それぞれが無作為に25枚ずつ取ります。札の並べ方は自由ですが、上・中・下段と並べて左右に分けるのが基本です。

そしていちおう書きますが競技かるたは、読み手が読み上げる上の句を聞いて、その歌の正しい 下の句を取る競技です。

f:id:nezumileader:20180714210812j:plain

 

歌が詠まれるまでは競技線の中に手を入れてはいけません。

そこで競技線ぎりぎりに手を置き、前傾姿勢をとります。なぜなら詠まれる札が敵陣深くにあった場合、猫のように素早くそこまで手を伸ばして狙う必要があるからです。

自陣右下に札を多く置いているのは、相手の右手から一番遠く、自分の右手から一番近い場所だからです。競技かるたでは両手を使うことは出来ません。左手側の札も右手で取る必要があります。

f:id:nezumileader:20180714211459j:plain

競技かるたの戦略の面白さ

音に反応して素早く動くという反射神経の面白さに加えて、競技としての戦略や戦術も奥深いのが、また抜群に面白いです。競技かるたは、ただの反射神経ゲームではないですよー。

いろいろ作戦を考えて戦う、というのが好きな人なら確実にハマります。

配置を考える

例えば右下スミの3枚「むべやま・くもかくれ・きりたち」は全て1字決まりの札なので、ここに配置しています。「1字決まり」とは上の句の最初の1字で取り札が確定する札です。

具体的には、読み手が「む」って言ったら、右下の「きりたち」をズバッ!と全力で吹き飛ばせばいい、ということです。

1字決まりの札は全部で「むすめふさほせ」の7枚あります。

f:id:nezumileader:20180714210848j:plain

↑また左の「からくれない」は上の句が「ちはやふる」です。こうやって1字決まりの札やお気に入りの札を右手側に配置するのは、オーソドックスな戦略の1つです。

 

ちはやぶる かみよもきかず たつたがは からくれなゐに みつくくるとは

 

友札をまとめるか分けるか

これは左手側です。左下スミの3枚は全て上の句が「か」で始まります。

左下から順に上の句が「かく」「かぜそ」「かぜを」です。

ようするに読み手が「か」って言ったら、そのへんをまとめて吹っ飛ばせばいいのです。

f:id:nezumileader:20180714210942j:plain

 

こうやって全部ドシャーッと。詠まれた札が自陣にあれば、自陣の他の札に触れてもお手付きにならないのです。(敵陣でも同様)

ただし「か」で始まるのはもう1枚「かさ」があるので、それだけは気を付けないといけませんが。

f:id:nezumileader:20180714211025j:plainこんなふうに同じ読みで取れる札(友札と言います)をまとめて置くのは覚えやすいし便利ですが、相手にも狙われやすいので、そのつもりで。

友札をあえて分けて置くようになったら初級者脱出なのかもしれません。

 

囲い手とかいうカッコいい手

中には6字決まり(大山札)という確定が長い札があります。

下の例では「ひとにはつげよ」という取り札は、上の句で「わたのはら、」まで読まれて初めて確定する札です。「わたのはら、」という上の句もあるからです。

そこで「わたの~」と詠み始められたときに、どちらの句か確定するまで相手に取られないようにガードします。これが囲い手です。

f:id:nezumileader:20180714211112j:plain

ちなみに、囲い手の下に手を潜らせる「囲い手破り」なんて技もあるようです。なんかもう本当に格闘バトル漫画みたいですね。 

 

送り札を選ぶ 

敵陣から札を取ることに成功したら、自陣の札を1枚相手に送ります。こうして自陣が空になったら勝利です。もちろん自陣の札を自分で取れば減っていきます。

 

この送り札にどの札を選ぶかも大事な戦略です。

例えば自分の得意札を送って、それを全力で取りに行くという戦い方もあります。

f:id:nezumileader:20180714211145j:plain

「ちはやふる」では攻めがるたと呼んでいましたが、かっこいい戦い方ですね(*´ω`*)

 

100句も覚えるの無理やわーと言う人は

さて競技かるたをする前提として、百人一首を百句全部覚える必要があります。

そしてどこにどの札があるか、敵陣も含めて50枚、その場で記憶する必要もあります。

大丈夫です。暗記時間は開始前に15分与えられます。

f:id:nezumileader:20180714211413j:plain

 

いや無理すぎる・・・

 

ということで、最初は4枚から始めましょう。超お手軽競技かるたです。

1句も知らない?4句だけでいいから今覚えろ。今すぐだ(`・ω・´)

そしてその4句だけを「わすらもち」アプリにセットして詠ませれば、すぐに遊べるし、それだけでもかなり楽しさが分かります。

そこから2枚ずつ増やしていけばいいのです。 

f:id:nezumileader:20180714211542j:plain

競技かるたでは、まず序歌が詠まれます。序歌は取り札にない札で、最初の句を詠む前の仕切りとして詠まれます。

「難波津に~咲くやこの花冬ごもり~ 今を春べと咲くやこの花~」

ここで、ぐっと構え直して・・・ 

 

「ちはやふる~」

シュバッ!

どっちが速かったか!?

f:id:nezumileader:20180714211608j:plain

うーん。かっこいい。

この写真を「ちはやふる」の次の映画に使ってもらおう(・∀・)

 

1字決まり むすめふさほせ

せっかくなので、これだけ覚えておきましょう。

最初の1文字で取れるやつです。

 

らさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆふぐれ

みのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひち ひとめよくらむ

ぐりあひて みしやそれとも わかぬまに くもかくれにし よはのつきかな

くからに あきのくさきの しをるれば むへやまかせを あらしといふらむ

びしさに やどをたちいでて ながむれば いつこもおなし あきのゆふくれ

ととぎす なきつるかたを ながむれば たたありあけの つきそのこれる

をはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとそおもふ

 

近江神宮行ってきましたー!ヾ(^▽^)

nezumileader.hatenablog.com