遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

枯山水 ボードゲーム

厳選ボードゲーム紹介 第5回

枯山水

 第1回東京ドイツゲーム賞大賞受賞作品です。わびさびの世界。禅の精神。こんなテーマのものまでボードゲームになるなんて!ボードゲームには無限の可能性がありますね。

普段から幅広いテーマのボードゲームを集めていても、これを初めて見たときは仰天しました。 パッケージが渋すぎますね。デジカメがピピっと顔認識したので、撮影しながら吹き出してしまいました。これこれ、いかんいかん、心を静かに・・

f:id:nezumileader:20180627191210j:plain

 

 

ゲームの雰囲気はこんな感じです。基本的には1枚ずつタイルをめくって自分の庭園を造っていくことで進行していきます。いらないタイルは、欲しい人がいればあげることも出来ます。和の心ですね。

もっとも、タイルをあげると「徳ポイント」というのが増えて自分が得するシステムだからそうするのですが。「おっしゃ徳ポイントゲットだぜ!」って、わびさびの精神は?

f:id:nezumileader:20180627191237j:plain

 

見てください、このカード。まさか未来でこんなふうにボードゲームのカードになるなんて誰が想像できたでしょう。

f:id:nezumileader:20180627191305j:plain

 夢窓疎石さんだけ光ってる。さすがこのゲームのパッケージになってるだけのことはあるな・・

 

そして庭園カードですね。全て実在の日本庭園です。庭園めぐりが好きな人に比較画像を作ってもらいたいです。

f:id:nezumileader:20180627191334j:plain

 

ちなみに「枯山水」というのは、水を使わず石や砂で山水の風景を表現する庭園様式のことをいいます。砂で描かれた流線や渦が水面の表現ですね。

ゲームではこの渦潮や苔(こけ)がボーナス点になります。

「やった!苔ひいた!」とか「でかい渦完成した!」とか盛り上がりますが、このゲームをするときは茶でも飲んで心を落ち着けましょう( ^^) _旦~~

f:id:nezumileader:20180627191408j:plain

 

石がめっちゃカッコいい

そしてこのゲームの凄さは、この本物の石の存在です。凄まじいこだわりですね。飾って眺めてるだけでも楽しくなってきます。

細かいルール説明は省きますが、座禅ポイントや徳ポイントを貯めることで石を手に入れることが出来ます。ポイント名がいちいち和式でおもろい。

f:id:nezumileader:20180627191431j:plain

 

石の種類は5種類です。左から横石・臥石・舟石・立石(小)・立石(大)

f:id:nezumileader:20180627191634j:plain

 

石の並べ方でいろいろなボーナス点が発生します。これは三尊石ボーナスが入る置き方です。見た目も美しいですね。

f:id:nezumileader:20180627191455j:plain

 

ゲーム終了後はこんな感じです。このくらい綺麗に仕上がると、かなりの高得点が入ります。

見入ってしまいますね。そして、さらに凄いのは・・・

f:id:nezumileader:20180627191524j:plain

 

この角度から写真を撮ると、なんと平面のボードが箱のように立体に見えるのです!すっご。すでにゲームを持ってる人も、このことは知らなかったという人は意外にいるのでは。

f:id:nezumileader:20180627191602j:plain

 

 

過去に旅行した写真で枯山水っぽいものがないか探し回ってきました。

これは和歌山県の高野山に行ったときに撮ったものです。

f:id:nezumileader:20180628003759j:plain

 ゲームやってこれを見ると点数計算したくなります。ええと、渦潮ボーナス8点と舟石ボーナス3点と。

それにしても日本庭園って美しいですね。こんなふうにボードゲームをきっかけに、新しく興味を持つようなこともたくさんあると思います。

 

厳選ボードゲーム紹介 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ