VITICULTURE(ワイナリーの四季) ボードゲーム

厳選ボードゲーム紹介 第30回

ワイナリーの四季

このカテゴリーも、これで第30回。

ボードゲームっていいものだなあと改めて思う、今日この頃です。

 

基本的にねずみはボードゲームで遊ぶなら

短時間で遊べるような軽いゲームをたくさんやりたい派なのですが

たまにはどっしりと腰を据えて1つのゲームだけを遊ぶのも

深い充実感があっていいなあと思うのです。

 

そこで今回の紹介は

どっしりと時間をかけて遊ぶ系ボードゲームの中から

ねずみの最もおすすめな1つを選びました。

 

 

ワイナリー経営体験ゲーム

『ワイナリーの四季』  

ワイは一日中これだけを遊んでいたいナリー、と思うくらいの

超お気に入り作品です(^O^)

f:id:nezumileader:20200312211031j:plain

 

ワイナリーの苦労と喜びを味わうなりー

「ワイナリー」とはワイン醸造所や、ワイン事業全体を意味します。

また原題の「VITICULTURE」は、ブドウ栽培のことです。

 

このゲームは1年のサイクル(春夏秋冬)を繰り返す中で

ブドウを収穫しワインを醸造して出荷するまでの

苦労と喜びを味わうゲームです。

イタリア・トスカーナ地方を舞台としたボードが非常に美しい☆

f:id:nezumileader:20200312211034j:plain

 

ボードが可愛い駒で賑やかに

ボードだけでなく、パーツ類のデザインも素晴らしい。

というか、めちゃ可愛い(*´▽`*)

この可愛い駒たちがボード上を賑わしていくのです。

f:id:nezumileader:20200313222005j:plain

 

 

ゲームが進むにつれて自分用ボードに、こんなふうに施設が増えていきます。

宿泊施設や試飲室やセラー等、それぞれに役割があります。

透明のマーカーは、ブドウやワインの熟成度を表していますが

そんな雰囲気がありますね。 

f:id:nezumileader:20200313222037j:plain

 

ブドウからワインを醸造するなりー

このゲームは「ワーカープレイスメント」というシステムが使われています。

ワーカープレイスメントとは、自分の労働者駒をボード上の各場所に置くことで

その場所のアクションを実行できるというものです。

 

ブドウからワインが出来るまでの長い工程の中で

限られた人数のワーカーを、どこに置くべきか考えながら

いくつものアクションを実行していきます。

 

夏のアクション 

ブドウの樹を購入する

まずはブドウの樹を買います。

そこからかよ!( ゚Д゚)

と思うかもしれませんが、そこからです。

 

ブドウの樹を買うには

メインボードの「ブドウの樹購入アクションゾーン」に駒を置きます。

従業員の1人を買い物に行かせるようなイメージですね。

f:id:nezumileader:20200312211039j:plain

 

 

これで「ブドウの樹カード」がもらえます。

白ブドウの、マルヴァシア種とかトレビアーノ種とか

黒ブドウの、サンジョヴェーゼ種とかカベルネソーヴィニヨン種とか

早口言葉にも使えそうな、様々な品種があります。

f:id:nezumileader:20200312211041j:plain

カード左上に記号があるカードは

そのブドウを植樹するのに必要な施設を表しています。

価値の高いブドウほど、簡単には作れないのだぜ。

 

 

ブドウの樹を植樹する

次に、購入した樹を植樹します。

「植樹アクションゾーン」に駒を置きましょう。

ワイナリーと言っても、まずはブドウ農家としての仕事です。

f:id:nezumileader:20200312211046j:plain

 

 

これで、ブドウの樹をブドウ畑に植えられました。

畑がわざわざカードになっているのは

金に困ったときに畑を売ることが出来るからです。

シビアな話やねえ。

f:id:nezumileader:20200312211048j:plain

 

このゲームの1年のサイクルは

以下のような形で春夏秋冬に分かれています。

ここまでは夏のアクションでした。

ここからは冬のアクションです。

 

春→プレー順番決め

夏→夏のアクション

秋→訪問者カードを引く

冬→冬のアクション

 

冬のアクション 

ブドウを収穫する

夏に植樹したブドウを、冬になってから収穫します。

「収穫アクションゾーン」に駒を置きましょう。 

実際のワイン用ブドウの収穫時期は

白ブドウが9月くらい、黒ブドウが9~11月くらいらしいです。

f:id:nezumileader:20200312211055j:plain

 

 

収穫したブドウの色と価値に合わせて

ボードの圧搾場に、透明マーカーを置きます。

収穫しても畑からカードが消えるわけではありません。

樹ですからね。1度植えれば毎年収穫できます。 

f:id:nezumileader:20200312211059j:plain

 

これでブドウが収穫できました。

しかし喜ぶにはまだ早い。ここからワインにしていくのですから。

 

 

ワインを醸造する

さあ、ようやくワイン作りです。

「醸造アクションゾーン」に駒を置きましょう。

白ブドウは白ワイン

黒ブドウは赤ワインになります。

両方のブドウがあれば、ロゼやスパークリングワインも造れます。

f:id:nezumileader:20200312211106j:plain

 

 

ブドウの透明マーカーを

そのまま同じ種類・熟成度でセラーに移します。

ブドウもワインも熟成されて1年ごとに価値は上がっていくので

なるべく早いうちに造りたいところ。

f:id:nezumileader:20200312211109j:plain

 

 

受注を受け、出荷する

ここからさらに

「受注アクションゾーン」で注文カードを引いて

「出荷アクションゾーン」で、注文に合ったワインを出荷するのです。

そこまでいって初めて勝利点が入ります。 

f:id:nezumileader:20200312211112j:plain

長い道のりを経て、ようやく勝利点を獲得したときは

格別の達成感があります(*^▽^*)

 

 

ワイナリー経営者になってみるなりー

メインボードの大きさに加えて、人数分の個人ボードも使うため

けっこう場所を取ります。

なるべく広い場所で遊びましょう。

 

ミケ「どうせなら高級ワイン飲みながらやろうぜ」

グレー「あと、つまみもな」

ねずみ「いや。それを誰が買ってくるのさ!?」

ミケ「それはワイじゃないナリー」

f:id:nezumileader:20200313222110j:plain

 

 

ゲーム開始時にまずやるのが、なんと両親カード引き。

つまり「親ガチャ」です。

これで最初のワーカー数や資金、持ち施設等が決まります。

 

ねずみ「えーと、ニコルとコウジか。あんまりたいしたものくれないな」

ミケ「バラエティー番組にでも出てそうな名前やな」

f:id:nezumileader:20200313222113j:plain

 

アクションの選択と取り合い

4人で遊ぶ場合、同じアクションゾーンには2人までしか置けません。

どのアクションも早い者勝ちです。

 

クロ「じゃあ、ここにしようかなあ」

ねずみ「げっ、今年植樹できなくなった」

クロ「他のことしてなよー」

f:id:nezumileader:20200313222116j:plain

 

 

真っすぐワイン造りに向かう以外に

まず資金を増やしたり、施設を建築したりするのも戦略です。

しかし、他のプレイヤーが先にブドウを収穫しているのを見ると

ちょっとうらやましい。

 

ミケ「黒ブドウ出来たなり」

ねずみ「まじか!?はっええな」

ミケ「僕のパパがブドウ棚をくれたんでね」

ねずみ「スネ夫かよ!」

f:id:nezumileader:20200313222122j:plain

 

季節の訪問者が面白い

秋には「訪問者カード」が引けます。

訪問者は、その効果によって様々な恩恵をもたらしてくれます。

どんな訪問者が来てくれるだろう、という面白すぎる要素が

このゲームをどこまでも奥深いものにしています。

 

ねずみ「なんかー、変な人しか来ないんですけどー」

f:id:nezumileader:20200313222149j:plain

 

 

ねずみ「おっしゃ。ブドウ収穫だぜ!」

ミケ「そ、そうか。ワシもうワインを出荷してるんやが」

グレー「 2周くらい遅れてるよな」

ねずみ「いや、なんかいろいろ・・・ワイのせいじゃないナリー!」

f:id:nezumileader:20200313222152j:plain

 

苦労してブドウやワインが出来たときの喜び。

訪問者がもたらす意外な展開。

凄いワインを造ったら、安いワインの注文ばかりくる理不尽さ。

最後まで白熱する絶妙なゲームバランス。


ワイナリーの四季、最高なりー(*´▽`*)

 

厳選ボードゲーム紹介 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ