ブラック企業ジャック(アレンジブラックジャック) 新しい遊び方

アレンジした遊び方を考えてみる 第14回

「ブラック企業ジャック」

「ブラックジャック」というトランプのゲーム

皆さまはご存知でしょうか。

カジノ系ゲームとしては、ポーカーと並ぶくらいメジャーなゲームなので

もちろん知っていますよね。きっと遊んだこともあるでしょう。

 

ちなみに手塚治虫先生の漫画は

真ん中に点が入る「ブラック・ジャック」ですからね。

えっ、それは知らなかった! という人けっこういるのでは。

いないか。

 

ねずみは全巻持ってるのに、気付いてなかったっす\(^o^)/

 

 

ということで今回のテーマは

「ブラックジャックをアレンジしたゲームを考える」

ブラックジャックは、ルール自体はとてもシンプルなゲームなので

いろいろなアレンジ方法がありそうです。 

f:id:nezumileader:20200310230702j:plain

 

ブラックジャックのルール

知らない人もいるかもしれませんので

アレンジの前に、普通のブラックジャックのルールを少しだけ書いておきます。

 

ブラックジャックは、カードの合計が21に近い人が勝ちというゲームです。

(ただし21を超えたらバースト)

その際、2~10の数字カードは数字通りに数えるのですが

絵札は全て10として数えます。

A(エース)は1または11として数えます。

 

この写真を例にすると

左は両方絵札なので10+10で20です。

右はAを11とすれば、10+11になるので21ですね。 

f:id:nezumileader:20200310230705j:plain

 

 

21を超えるまでは何枚でもカードを引けます。

もう1枚引くときは「ヒット」

止めるときは「スタンド」と言います。

14~16くらいの微妙な数字の時は、ヒットかスタンドか迷うところ。 

f:id:nezumileader:20200310230708j:plain

 

ざっくりですが、ブラックジャックとはこんなゲームです。

詳しく書くならダブルやスプリット、インシュランス等の説明も必要でしょうが

それはまあググりなさい(^o^)丿

 

「ブラック」から連想するのはブラック企業かなと 

アレンジゲームを考えるとき

いつもはゲーム内容を先に考えてから、それに合ったゲーム名を付けるのですが

今回はゲーム名を先に決めたことでアレンジルールが見えました。

それが『ブラック企業ジャック』です。

 

まず数字を時間とするアイデアがすぐに閃きました。

となれば最初の1枚は「出社時間」ということにすればいいので

6、7の黒8の赤の計6枚を最初に配るカードとして使用することにします。

 

6~7時出社はブラック企業的だけれど、8時出社ならそこまでではない

という、ねずみの勝手なイメージを色で表現しました(*'▽')

f:id:nezumileader:20200310230710j:plain

 

出社時間と勤務時間

最初の1枚は上記の6枚からシャッフルして配りますが

1対1で勝負するなら、あらかじめ678をそれぞれが持って

3回勝負にする形でもいいかもしれません。

また、K(キング)4枚は使用しないので山から取り除いておいてください。

これは絵札の割合を考えてのバランス調整です。 

f:id:nezumileader:20200319204534j:plain

 

 

残りのカードを山にして、そこから2枚目のカードを配ります。

(ディーラーは裏向きに)

絵札やAの数え方は普通のブラックジャックと同じですので

この例では7とJで合計は17になりました。

合計値は現在時間なので、今の時間は17時です。

f:id:nezumileader:20200310230719j:plain

 

退社時間と残業時間

ブラック企業ジャックのルールでは18時が定時です。

その前の時間での退社は、後の時間より低い評価になります。

より評価される退社時間は18時~23時です。

合計値は18に近いほど勝ちですが、17以下は18~23には勝てません。

 

そこでここではヒットを選び、3を引いて20時になりました。

18時が定時なので残業時間2時間というイメージです。

f:id:nezumileader:20200310230723j:plain

 

 

ディーラーは合計で18。

定時ですね。残業なしで帰れるので、これはディーラーの勝ちです。

また、ディーラーだけは16時前の早退が出来ません。

ディーラーは合計値が16以上になるまで、必ずカードを引く必要があります。

f:id:nezumileader:20200310230727j:plain

普通のブラックジャックでは

Aと10の2枚セットを「ブラックジャック」と呼びますが

ブラック企業ジャックでは

8と10の2枚セットを「ホワイト企業」と呼びます(*^◯^*)

 

終電時間と終電のがし

退社時間は遅くても23時までです。

23時退社なら終電にぎりぎり間に合う交通事情だからです。

23を超えたらバースト。終電を逃します。

合計値が18~23になるように上手く仕事をしましょう。

f:id:nezumileader:20200310230734j:plain

 

ジョーカーと残業代

配られたカードがジョーカーだった場合

ディーラーかプレイヤーかに関わらず、すぐに中央に置きます。

ジョーカーが出たときだけは残業代が出るのです。

f:id:nezumileader:20200310230739j:plain

 

 

残業代が出るので、この回に限り残業が長いほうが勝ちです。

つまりジョーカーが出た回は合計が23に近いほうが勝ちということです。

ジョーカーが出たのが、いずれかのプレイヤーがスタンドした後だった場合

そのプレイヤーも追加でカードを引くことが出来ます。

「残業代が出るならもう少し仕事していこう」というイメージですね。

f:id:nezumileader:20200310230742j:plain

 

みんなでブラック企業ジャック

3人以上で遊ぶならこんな感じでしょうか。

お金を賭けたらだめですよ。チップの増減で遊びましょう。

 

ねずみ「ヒットorスタンド?」

グレー「ヒット」

ミケ「そこは、ワークorゴーホームとか聞くとこやろ」

ねずみ「な、なるほど」

クロ「働きたくないなあ」

f:id:nezumileader:20200318133229j:plain

 

 

全員の退社時間が確定したら

ディーラーは裏向きのカードをオープンします。

この時点で終電を逃している人(合計値24以上)は負けです。

 

クロ「えーと・・19だから、残業1時間ですんだ」

ねずみ「ドボンの人、誰もいなかったか」

ミケ「社長。はやくしてください」

f:id:nezumileader:20200318133233j:plain

 

帰る間際に大仕事

ディーラーはカードをオープンしたら、16以上になるまでカードを引きます。

そこからはヒットかスタンドを選択できます。

 

ねずみ「17時! おっしゃ定時で総取りだ」

グレー「定時は18だから、お前だけ早退だぞ」

ねずみ「あっそうか。それだと負けるか」

ミケ「ほれ社長もう1枚だ。なに帰ろうとしてるんだ、お前」

ねずみ「社長にお前って言うな」

f:id:nezumileader:20200318133236j:plain

 

 

ねずみ「くっそ、終電のがしたし」

グレー「帰る間際にでっかい仕事だったな」

ミケ「今夜は会社に泊まりやな」

f:id:nezumileader:20200318133241j:plain

 

今回の完成ルール

という感じで今回はこれで完成です。

テーマはあれですが、ゲームとしては完成度の高いものが出来たと思います。

最初のカード(出社時間)の選択肢が少ないと感じたなら

5か9を加えてもいいかもしれません。

f:id:nezumileader:20200319204539j:plain

《使うもの》トランプ

《プレー人数》2~6人

《勝敗》特定の勝利数、または終了時のチップ枚数による

 

【基本ルール】

絵札は10 Aは1か11 他は数字通りとして数える。

 

6、7のスペード・クラブ及び8のダイヤ・ハートの計6枚をシャッフルし、ディーラーを含む全員に1枚ずつ配る。

K4枚を除いた残りのカード山から2枚目のカードを配る(ディーラーのみ裏向き)

以降各プレイヤーはヒットを続けるかスタンドするかを順次選択する。

合計値が24以上になったらバースト。

 

全員がスタンドしたらディーラーは裏向きのカードをオープンし、合計値が16以上になるまでカードを引く。以降ヒットを続けるかスタンドするかを選択する。

合計値がディーラーよりも18に近いプレイヤーは勝利。

ただし17以下は18~23に勝てない。

 

合計値同数は引き分け。

ただし8と10(絵札を含む)の2枚での18は「ホワイト企業」の役が付いて、それ以外の18に勝利する。

(チップを賭ける場合、配当は1.5倍になる)

 

配られたカードがジョーカーだった場合、中央に置き新たなカードを引き直す。

ジョーカーが出た回に限り、合計値がディーラーよりも23に近いプレイヤーは勝利。

ジョーカーが出た時点ですでにスタンドしていたプレイヤーは追加でヒットすることが出来る。

 

以上です。

 

どんな仕事でも働くというのは大変なことですが

上手に自分をいたわることを忘れないようにしましょう(^_^;)

 

新しいゲームを考えてみる第二部 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ