a la carte(アラカルト) ボードゲーム

厳選ボードゲーム紹介 第22回

アラカルト

生まれて初めてプリンアラモードという言葉を聞いたとき

プリン?あらどうも(*´▽`*)

としか思えなくて、ほっこりしたことを覚えています。

 

皆さんもきっとそうですよね。ねずみには分かってます。

 

ということで、今回は料理アクションゲーム『アラカルト』の紹介です。

教室にあるのは旧版のものですが、この箱絵が面白すぎてヤバイw

どういうことなんですかね、この状況は。

f:id:nezumileader:20190226122718j:plain

 

ちなみに「a la carte(アラカルト)」とはフランス語で

「一品料理とかお好み料理を注文する」という意味らしいです。

コース料理ではないということですね。

覚えておけばフランスに行ったときに、きっと役に立ちますよ。

 

このゲームはそのタイトルの通り

一品料理を作っていくアクションゲームなのです。

f:id:nezumileader:20190226122721j:plain

 

調味料を振りかける 

まずフライパンの中に、作りたい料理のタイルを敷きます。

そしてその料理を完成させるべくアクションをしていきます。

 

例えばこの「野鴨肉ステーキ赤キャベツ添え」を完成させるには 

専用サイコロで、フライパンの温度を度に収まるようにします。

そして、胡椒シトロンパプリカといった調味料を

それぞれ1個ずつ入れる必要があります。

f:id:nezumileader:20190226122732j:plain

 

これが調味料です。

コルクの蓋を取って、フライパンにパッと振りかけます。

このアクションが、このゲームの最高に楽しい要素の1つ。

f:id:nezumileader:20190226122925j:plain

 

調味料は何度もシャカシャカ振ることは出来ません。チャキッと一回だけ振るのがルールです。

すると、この容器の口が絶妙な形状になっているからなのか

調味料がドバっと出たり、何も出なかったりと非常に気まぐれなのです。

f:id:nezumileader:20190226122928j:plain

黒は胡椒、白は塩↑

 

このゲームでは、塩は全ての調味料入れに混ざっていますが

料理の完成条件には塩は入っていないので、調理のときには出ると邪魔なだけです。

 

というのも、どの調味料も同じものが3個以上フライパンに入ってしまうと

「味付けが濃すぎる」ということで料理失敗になるからです。

失敗した料理はブタの餌となり、マイナス1点。

f:id:nezumileader:20190226122727j:plain

 

あらあら、アラカルトの楽しいこと

ねずみ「そいじゃ始めよう。作りたい料理をチョイスしてちょ」

ミケ「ちょいっすー」

グレー「森永のチョイスってうまいよな」

クロ「俺はマリー派だなー」

f:id:nezumileader:20190226122725j:plain

 

 

ねずみ「よし、こいつでいこう。フライパンを温めずに出来るのに高ポイントだ」

このサラダ料理、温度はで入れる調味料も2つだけと

作成難易度は低いように見えます。

しかし簡単そうに見えるこの料理が、3ポイントももらえるのには理由があります。

その理由は、この先を読んでいくと分かります。 

f:id:nezumileader:20190226122931j:plain

 

手番で出来るアクション数は3回

ねずみ「じゃあアクション1でオレガノ振るよ」

ミケ「ドバっといけ。ドバっと」

ねずみ「そいっ!」

クロ「あっ、塩だ」

ミケ「ぷっ。しょっぱ」

f:id:nezumileader:20190226122934j:plain

 

 

ねずみ「アクション2。もう一回。よし今度は出た」

オレガノの味付けは成功しました。

3個入ってしまったら味が濃すぎてアウトでしたが、2個まではセーフ。

あとは胡椒を入れるだけです。

f:id:nezumileader:20190226122938j:plain

 

 

ねずみ「アクション3、胡椒。よし揃った」

ミケ「おっ。ねずみのくせに」

手番で出来るアクションは3回。

「完成宣言」も1アクションなので、この時点ではまだ完成にはなりません。

次のプレイヤーに手番が移ります。

ねずみ「じゃあグレーの手番」

グレー「あいよ」

f:id:nezumileader:20190226123155j:plain

 

コーヒーブレイクという恐ろしいルール

グレー「コーヒーブレイク狙ってみるか」

ミケ「まあ当然やな」

ねずみ「待て、それはやめれ」

「コーヒーブレイク」は袋の中からカラーチップを(中を見ないで)1つ取り出し

中央のボードに乗せるというアクションです。

f:id:nezumileader:20190226123200j:plain

 

 

そして4色のチップが揃ったら、全員のフライパンを時計回りに交換します。

つまり、完成直前の料理が取られることがあるわけです。

グレー「赤か。残念」

ねずみ「うはー。あぶね」

グレー「もう一回やってもいいが・・まあいい。温度サイコロ振るわ」

f:id:nezumileader:20190226123204j:plain

 

温度サイコロという恐ろしいルール

グレー「Aか。オールや」

サイコロでAの目が出たときは、全員のフライパンの温度が1度上がります。

ミケ「おっ。ラッキー」

クロ「あげたよー」

ねずみ「あれ?これってもしかして・・・」

f:id:nezumileader:20190226123209j:plain

 

 

ミケ「じゃあワシもサイコロからいくわ」

ねずみ「Aを出すなよ。絶対出すなよ」

ミケ「それは出せってことだな?」

全員のフライパンの温度が上がる。それが何を意味するか。

f:id:nezumileader:20190226123215j:plain

 

そうなのです。

このサラダ料理、確かに簡単に作れるのですが

フライパンの温度がと設定されているため、になった瞬間アウト。

料理失敗でブタの餌行きです。サラダやけんねえ。

ねずみ「ヤバい。これはヤバい」

f:id:nezumileader:20190226123313j:plain

 

相手の料理に手を出せるという恐ろしいルール

ミケ「あっ、Wやったわ」

ねずみ「おおっ、あぶない。助かった」

クロ「あれ? Wって確か・・・」

グレー「相手の料理に口出しするやつな」

f:id:nezumileader:20190226123317j:plain

 

サイコロで Wが出たときは、任意の相手のフライパンに

「調味料を追加投入」することが出来ます。

なんて恐ろしいルール。

 

ミケ「あのな、そのサラダ。オレガノが足りてない気がするんやが・・」

ねずみ「いや、これでベスト。余計なお世話だ」

f:id:nezumileader:20190226123321j:plain

 

 

ミケ「まあまあ、そう遠慮なさらずに」

ねずみ「ちょっ、やめ・・・うわああぁ」

f:id:nezumileader:20190226123323j:plain

 

 

同じ調味料が3個以上入ったので、この料理は失敗。

ブタの餌。マイナス1点です。

ねずみ「むぐーーーなんてこった。パンナコッタ」 

f:id:nezumileader:20190226123424j:plain

 

結局、何をやっても面白い 

クロ「引いた。コーヒーブレイクだ」

グレー「おっしゃー」

ねずみ「うわああーー完成品持ってかれた 」

ミケ「ねずみはアホやなあ」

f:id:nezumileader:20190226123430j:plain

 

アクションあり、嫌がらせあり、適度な運の要素もあって

何をやっても面白い。

終始笑いの絶えないゲームです。

 

厳選ボードゲーム紹介 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ