遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

遊戯王カードという遊びにどっぷりとハマった話。その1

遊戯王カードとの出会い

熱しやすく冷めにくいねずみです。

学童保育、いわゆるアフタースクールといわれる場所で

仕事をしていたことがあるのですが

そこで子供たちとの関わり上、どうしても遊戯王カードという遊びを知る必要があったのです。

f:id:nezumileader:20180919202315j:plain

遊戯王カードとは、漫画「遊☆戯☆王」をもとにしたカードゲームで

1999年に発売されて以来、販売枚数が250億枚を超えるほどのメガヒットゲームです。

 

アフタースクールにて

その学童保育では、男の子たちのあいだで遊戯王カードで遊ぶのが流行っていました。 

 

(登場人物は仮名です。いちおう)

りゅう君「ねずみん、遊戯王やろー」

ねずみ「ん?いや、やり方わからないからなあ。紙飛行機でも作ろうよ」

いつもはこんなふうに、はぐらかしていたのですが・・・

f:id:nezumileader:20180919202254j:plain

りゅう君「えー教えるからやろうよー。カード貸してあげるからー」

ねずみ「しょうがないなあ。分かったよ。じゃあやり方教えてね」

まあ、少し相手してあげれば満足だろうと思ったのです。

 

かずき君「えっ、ねずみリーダー遊戯王やるの?じゃあ俺もやる」

ねずみ「ん?それじゃ2対1になっちゃうじゃん」

f:id:nezumileader:20180919202532j:plain

 

りゅう君「じゃあマッキーも呼ぼう。マッキー!」

マッキー「りゅう君さあ、ちゃんとリーダーってつけなよ」

(ここの学童保育では「先生」ではなく「リーダー」という呼び方をされていました) 

f:id:nezumileader:20180919202558j:plain

りゅう君「はあい。マッキーリーダーも入ってよ」

マッキー「おお、いいともさ。やったろまい。ねずみリーダー、やりましょう」

 

嬉しそうに、どのカードをリーダーに貸すか相談する2人。

ねずみ「どれでもいいからさー。はやくー」

f:id:nezumileader:20180919202631j:plain

 

りゅう君「じゃあマッキーはこれ使って」

かずき君「ねずみんはこれ」

ねずみ「はいよー」

「リーダー」と全然つけない2人。

f:id:nezumileader:20180919202654j:plain

 

初めての遊戯王デュエル

この先何年にも渡り、何千回何万回遊んだか分からない遊戯王カード。

このときが、ねずみにとって記念すべき初デュエルでした。

 

りゅう君「俺のターン。ドロー!」

 「モンスター守備表示。ターンエンド。ねずみんの番」

f:id:nezumileader:20180919202723j:plain

 

ねずみ「よし。俺のターン、ドロー!モンスターを召喚!そいつに攻撃!」

ふだん男の子たちが遊んでいるのを横目で見てはいたので、掛け声みたいなものだけは何となく分かっていました。

 

かずき君「えっ、それ出せないよ」

ねずみ「えっ何で?」

りゅう君「5つ星だから生贄がいる」

ねずみ「???」

f:id:nezumileader:20180919202800j:plain

 

いろいろ説明を聞いてみると、カードの星の数が5個以上ある場合、味方のモンスターを生贄にする必要があるらしいのです。

マッキー「さらに星7個以上だと2体生贄がいるみたいですわ」

ねずみ「はー。良く分からないけど、なんとなく分かった」

f:id:nezumileader:20180919202850j:plain

 

かずき君「ダイレクトアタックで1500ダメージ」

にやにやする2人。

うすうす分かっていたけれど、こっちに貸してくれているカードはあきらかに弱い。

f:id:nezumileader:20180919202950j:plain

 

りゅう君「攻撃しないでターンエンド」

そして何か出したいカードを待っているようで、わざと倒さないで舐めプレーをしてくる。

うむー。なんとか一泡ふかしてやりたい・・・

ん!?このカード、いけるか

 

理不尽すぎるカードに爆笑する 

ねずみ「モンスター2体を生贄にして、レッドアイズブラックドラゴンを召喚だぜ!」

あまり知識はなくとも、普段男の子たちがブルーアイズだのレッドアイズだの言っていたので、これは強いのだろう。

ねずみ「そのモンスターに攻撃」

かずき君「やられた」 

f:id:nezumileader:20180919203029j:plain

ねずみ「おっしゃーどうだー、こいつは強いぜ」

マッキー「おおーこれは強いぜ。うひょー」

かなり本気で歓喜する大人2人

 

かずき君「俺のターン。魔法カード使う。そのレッドアイズをもらってダイレクトアタック」

ねずみ「えっ!?ちょっと待って。何で!?何それ?」

かずき「心変わり」

f:id:nezumileader:20180919203216j:plain

 

ねずみ「心変わり!?こんな強そうなモンスターが心変わりするの!?ひでー!それはひでー」

マッキー「心変わりひっでー。やばいお腹痛いwwねずさんフラレチャッタヨーwwwお腹痛いヨーwww」

ねずみ「ひでー。なんてひどいカードだ」

f:id:nezumileader:20180919203253j:plain

なんか理不尽さが面白すぎて、2人でお腹を抱えて笑いました。

今にして思えばこの時すでに、遊戯王カードの面白さに魅了され始めていたのかもしれません。

 

続き、アップしました↓ 

nezumileader.hatenablog.com