遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

ACQUIRE(アクワイア) ボードゲーム

厳選ボードゲーム紹介 第15回

アクワイア

アメリカゲーム界の鬼才シド・サクソンによる経済ゲームの大傑作、アクワイアです。

面白すぎる、えげつなさすぎるマネーゲーム。

 

以前推理ゲームの「クルード」の紹介記事で、クルードだけで1つの趣味と言えるということを書きましたが

nezumileader.hatenablog.com

 

アクワイアも、これだけで趣味と言えるくらいのオシャレな存在感と奥深さがあります。

「私の趣味は読書と紅茶とアクワイアです」というような。

f:id:nezumileader:20180912201732j:plain

 

一見ゲーマー向けなようで、意外とルールが簡単だということは、遊んでみるとすぐに分かります。

人生ゲームやモノポリーと同じくらい普及すれば「みんなで遊ぶ定番」になったって不思議ではないくらい面白いゲームなのに。

f:id:nezumileader:20180912201801j:plain 

ホストの仕事・銀行とカード管理

唯一大変なのがお金やカードの管理ですが、このように収めてしまえば、手際よくできるものです。

ねずみはボードゲームで遊ぶときは常にホストなので、こういう作業は手慣れたもの。

こういうこと1つとってもテキパキ動くのは良い脳トレになるので、ボードゲームは良いものなのです。

f:id:nezumileader:20180912201821j:plain

 

ボードゲームの遊びの友、便利アイテム紹介はこちら↓

nezumileader.hatenablog.com

 

アクワイアーえげつないーマネーゲームの始まりやー

最初に6000ドルと、ホテルキューブ6個を引いてスタート。

手持ちは麻雀ぽい置き方で。

たとえゲームでもお金を持つのは、うひひと笑うくらい嬉しい。そして全力で増やしたくなる。人間の本能ですかねー

今のところ、マネーゲームでこれより面白いゲームをねずみは知りません。

f:id:nezumileader:20180912201839j:plain

 

手番には番号通りの場所にホテルキューブを置くだけ。

10のFと・・・ここだな。

簡単ですね。

そして、この場合すでに置いてあるキューブの隣に繋げるので、良いことがあります。

f:id:nezumileader:20180912201904j:plain

 

キューブを隣接して置いた人は、どれでも好きなビルを建てられるのです。

この瞬間が序盤の楽しみ。

うわあ、どれにしようかな(*´▽`*)

これはHYDRAグループという会社のビル。

f:id:nezumileader:20180912201925j:plain

 

ビルを建てた人は、そのグループの株券1枚を無料でもらえて、

さらに3枚まで買い足すことが出来ます。HYDRAグループの株券は1枚300ドル。

立派なビルほど株券1枚の金額も高いので、ほどほどの高さのビルにしておいたのです。

また同じ株でも、繋がっているキューブ数が増えれば価格も上がります。

f:id:nezumileader:20180912202008j:plain

 

ちなみに、なにも繋がらないところにキューブを置いても何も起こりません(´・ω・`)

手持ちに繋げられるものがあるかないかは引き運。

多少の運要素があるゲームの方が万人向けになるので、それもグッドポイントです。

f:id:nezumileader:20180912201947j:plain

 

ゲームが進んで、向かいにFUSIONグループが台頭してきました。

まるでコンビニですな。

f:id:nezumileader:20180912202040j:plain

 

ビルの種類が増えると、その分購入できる株券に選択肢が増えます。

この場合、HYDRAグループのでもFUSIONグループのでも

3枚まで好きな組み合わせで購入できます。

f:id:nezumileader:20180912202059j:plain

 

何のために株券を買うのか?それは・・・

株券を持っているとですね、いいことが2つあるのです。

1つはキューブが広がっていくことで株券の価値が上がること。

そしてもう1つ。

 

今2つのグループを繋げるようにキューブを置きました。

するとなんと!

f:id:nezumileader:20180912202121j:plain

 

キューブ数の少なかった弱いグループのビルが、吸収合併されて消滅してしまうのです。

(;゚Д゚)うひゃーーー、これぞ弱肉強食だあ。

最近近所のマイナーなコンビニが、全部大手のコンビニになった切なさを思い出しました。

f:id:nezumileader:20180912202145j:plain

 

その瞬間!

つぶされたHYDRAグループの筆頭株主と準筆頭には、その時点の規模に応じた金額が入ってくるのです。3000ドルゲットだぜ!

つまり消滅したグループの、資産の山分けですね。まさにハイエナ。

 

その後の潰れたHYDRAグループの株券処理については、選択肢が3つ。

持ち続ける

売り払う

2対1の枚数で吸収したグループの株券に交換

f:id:nezumileader:20180912202212j:plain

つまり、HYDRAの株券なんてもういらないから、2・1でFUSIONの株券に取り換えてもらうのです。

 

群雄割拠

ゲームが進めばどんどんビルが増えていき、群雄割拠の時代に。

すみっこで、こっそりと復活するHYDRAグループ

こんなふうに消滅したビルを、もう1度建てるのも自由なので

株券を持ち続ける選択肢も、いちおうあるのです。

夢よもう一度・・・

f:id:nezumileader:20180912202240j:plain

 

ああっ!こ、これは!?

f:id:nezumileader:20180912202310j:plain

 

勢力を拡大してきたPHOENIXグループによって、今度はFUSIONグループが吸収合併されてしまいました。

ああ・・・諸行無常 つД`)

グループの総キューブ数が11を超えれば、吸収合併されない独立グループになるのですが、FUSIONはまだ9でした。 

f:id:nezumileader:20180912202330j:plain

ここまで大きくなればPHOENIX株は、1枚1000ドル近くになります。

安いうちにこつこつ買っておいた人は、莫大な利益に。

 

つぶされそうなグループの株を買って、目論見通りつぶれたら軍資金を得るという

実にえげつないゲームです。

こういうゲームは、ぐへへ( ̄▽ ̄)と言いながら遊ぶのが正しい。

 

いやそれじゃオシャレな趣味じゃないか・・・

優雅にチェスでもたしなむように遊びましょう。

厳選ボードゲーム紹介 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ