高尾山に登るのはリフトを使っても大変だけれどソフトは美味かった

高尾山山頂への道は二択の連続

自粛生活で少しなまった足腰を鍛えよう、という意図は全くなかったのですが

先日、東京八王子市の高尾山に登ってまいりました。

大学時代からの旅行・ボドゲ友達の五位鷺さん・ぷらずまさん・オコノノさんの3人に

金魚のフンであるねずみが連れられて行くという形です(^o^)丿

 

高尾山へのアクセスは、京王線もしくはJR中央線で「高尾駅」に行き

京王高尾線に乗り換えて2分の「 高尾山口駅」下車です。

 

高尾山口駅のホームから辺りを見回すとトリックアート美術館なる面白そうな建物が。

行ってみたいなあ・・・

しかし今回の目的地ではないので、ここはいずれまた。

f:id:nezumileader:20200924212738j:plain

 

ケーブルカーかリフトか

駅から高尾山のケーブルカー・リフト乗り場までは

徒歩で10分もかからない距離でした。

川沿いの道を景色を楽しみながら歩けば、あっという間です。

 

そして最初の二択が始まります。高尾山の登山は二択の連続でした。

『左はケーブルカー乗り場。右はリフト乗り場』

皆さんならどちらに乗りますか。

到着場所はほとんど同じなので完全にお好みです。

f:id:nezumileader:20200924212743j:plain

 

 

少しの話し合いの結果リフトにすることに。

さほど暑くも寒くもないときは、リフトのほうが気持ちよさそうやからねえ。

f:id:nezumileader:20200924212747j:plain

 

乗り物が使えるなら登山も楽勝

今回は登山というほど大げさなものじゃないよなあ。

なにしろリフトが使えるんだから(*´▽`*)

チケット売り場から実際の乗り場まで微妙に階段を登らされたけど

まあこれくらいは仕方なかろう。

f:id:nezumileader:20200924212749j:plain

 

 

リフトいいね!最高やね!

2時間も3時間も延々と歩く、修行みたいなやつじゃなく

こういう登山だったら大歓迎ですよ。

f:id:nezumileader:20200924212752j:plain

 

↓修行みたいな登山の例

nezumileader.hatenablog.com

 

見どころいっぱい高尾山(タコ多め)

リフトを降りてから道なりに歩くと、気になるものがいろいろと。

 

「さる園・野草園」

今回はシンプルに山頂が目的なので素通りしましたが

ここだけ来ても面白そうやねえ。

f:id:nezumileader:20200924212818j:plain

 

 

「たこ杉」

おおーーこれはまさに、たこ杉!

f:id:nezumileader:20200924212823j:plain

 

 

「ひっぱり蛸」

たこ杉の隣にありました。

くそー、そういう笑わせ方をしてくるとはw

まさかのダジャレ攻めで来ますか。

f:id:nezumileader:20200924212826j:plain

 

 

「置くとパス」

1度持ち上げて祈念してから置くと試験にパスするそうです。

置くとパスか。なるほど。

なんなんだこのタコダジャレ攻めはw

f:id:nezumileader:20200924213204j:plain

 

左の道か右の道か

もうすぐ山頂かなあと思っていたら、まだ登ることが分かりました。

まあ・・少しくらいは仕方なかろう。

 

そしてまたしても二択です。

『近道だけれどキツい左の道・遠回りだけれどゆるやかな右の道』

皆さんならどちらの道に行きますか。

f:id:nezumileader:20200924212917j:plain

少しの話し合いの結果、左のキツい階段を行くことに。

まじっすかー( ゚Д゚)

 

 

階段の途中さらに別の分岐が。

『そのまま登るか、三密の道を通るか』

なんなんですか、これはー

f:id:nezumileader:20200924212830j:plain

少しの話し合いの結果、三密は避けることに。

 

山頂はまだなのか

やっとのことで階段を登り切ると、ようやく目的地っぽい建物が。

うへーなかなかしんどかった。

もう少し楽だと思ってたけど、思ったほど甘くなかったな。

f:id:nezumileader:20200924212948j:plain

 

 

なんだこれ?

この輪をくぐると願いが叶うのか。なるほどなるほど。

うっかり何も考えずにくぐってしまいましたが

「お金持ちになりたい」とか思いながらくぐるんだったな。

f:id:nezumileader:20200924213045j:plain

 

高尾山は天狗の山

高尾山は天狗信仰の霊山としても知られています。

天狗の神通力による厄除けや招福などのご利益があるそうです。

天狗カッコいいっすなあ(*´▽`*)

f:id:nezumileader:20200924212956j:plain

 

 

だから眼力せんべいなんて売っているのかw

なるほどなるほど。

そしてここからまた階段を登ることに。まだ山頂じゃなかったの!? 

f:id:nezumileader:20200924213051j:plain

 

これは無限ループなのか

着いた!やっと山頂か!

こっちが本来の目的地だったのか。

全く、やれやれだぜ。

f:id:nezumileader:20200924213055j:plain

 

 

って、まだ登るのか!

なんか、見るからに階段長いんですけど。

f:id:nezumileader:20200924213058j:plain

 

 

着いた!今度こそ山頂か!!

これが三度目の正直というやつか。そういうことか。

f:id:nezumileader:20200924213121j:plain

 

 

まだか!まだ登るのか!

なんなんだこの無限ループは・・・

f:id:nezumileader:20200924213126j:plain

 

ついに山頂へ!!

そうこうして、ようやく真の山頂へ到達しました。

標高は599メートル。

後でよくよく地図を見たら、リフトで登ったのは山の半分くらいの距離でした。

どうりでこんなに登るわけだ。すんげー疲れた喉乾いた腹減った(´Д`)

f:id:nezumileader:20200924213128j:plain

 

 

天気が良ければ富士山が見える「関東の富士見100景」

あいにくの曇り空で何も見えず。

こんなとき神通力があれば・・・眼力せんべい買っておくんだったな。

f:id:nezumileader:20200924213132j:plain

 

高尾山の蕎麦とソフトの美味さ

山頂のお店で蕎麦を食うことも今回の大きな目的でした。

2つのお店が並んでいましたが

少しの話し合いの結果「大見晴亭」というお店に入ることに。

最後まで二択でくるなあ。

f:id:nezumileader:20200924213156j:plain

 

 

名物「とろろそば」の美味いことといったら!

これを食べた瞬間から、ねずみの好きな食べ物TOP5に

とろろ蕎麦がランクインしましたよ。

f:id:nezumileader:20200924213200j:plain 

 

そして、帰り道に見つけた高尾山限定のソフトクリーム。

ぶどう酢を使った「権現力ソフト」の美味いことといったら!

これを食べた瞬間から、ねずみの好きな食べ物TOP5に

ぶどう酢ソフトがランクインしましたよ。

f:id:nezumileader:20200924213209j:plain

 

違うルートの帰り道

帰り道は、来た道で選ばなかったルートを通りました。

行きと帰りで2度楽しめるのはいいですね。

くたくたに疲れ切ったところでケーブルカーに乗れるありがたさといったら! 

f:id:nezumileader:20200924213241j:plain

 

そんな感じで、食べ物が美味しかったのが1番の収穫だった高尾山でした。

リフトとケーブルカーが山頂近くまで行ってくれればなあ。

 

まあ頑張って登ったからこそ食べ物がより美味しくなる

ということもあるでしょうね。

今度は二択を全部逆にして、もう1回行ってみるのもいいかも。

 

旅行記 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ