MONSTER FALLE(モンスターが住む家) ボードゲーム

厳選ボードゲーム紹介 第34回

モンスターが住む家【モンスタートラップ】

ボードゲームは、頭を使うものとアクション系のものを交互にやるのが

メリハリがあっていいなあと思うのです。

どちらかに偏ってしまうと遊び疲れてしまいますからね。

 

今日紹介する『モンスターが住む家』はアクション系ですが

協力アクションゲームという、ちょっと珍しいジャンルのゲームです。

2対2で遊ぶのがベストなゲームなので

4人で遊ぶ機会があれば、これは必ず出しておきたいところ。

かなりエキサイティングなゲームです(/・ω・)/

f:id:nezumileader:20200601174446j:plain

 

ゲームとは関係ないですが

遊びの教室が入っているアパートは、ドラマ「怪物くん」の聖地なので

ここもある意味モンスターが住む家なのかも。

最近また再放送やっているのを見ました。

nezumileader.hatenablog.com

 

 

家に現れるユニークなモンスターたち

箱を開けたら、それ自体がゲームの舞台になっています。

ボードを見たときのワクワク感というのは、ボードゲームの魅力の1つですが

このゲームも見ただけで「面白そう!」と思うのでは。

f:id:nezumileader:20200608200105j:plain

 

 

この子たちが家に住み着いているモンスターたちです。

基本的には集めたカードの枚数で勝敗を決めますが

面白いのは、同数だったときモンスターの開けている目の数が多いほうが勝ちになるところ。

モンスターのデザインに、ちゃんと意味があるところが好きです。

f:id:nezumileader:20200829142821j:plain

 

バーを操作してモンスターを運ぶ 

手番チームは山からモンスターカードを1枚引きます。

そしてそのモンスターをボード上から探して、その位置にモンスター駒を置きます。

モンスターを捕まえて袋に詰めたということで

袋から手が出ているようなデザインになっています。

f:id:nezumileader:20200608200112j:plain

 

 

袋詰めにして捕まえたモンスターを、中央の穴に落とすのがゲームの目的です。

このように両手でバーを操作して運ぶわけです。

f:id:nezumileader:20200829142828j:plain

コンビネーションプレーが楽しい 

2対2のチーム戦でやるなら

左右担当のプレイヤーが横に動かして・・・

f:id:nezumileader:20200608200119j:plain

 

 

上下担当のプレイヤーが縦に動かします。

このコンビネーションで、迷路のような家の中を素早く駆けまわり

お騒がせなモンスターを中央の穴から追い出すのです。

f:id:nezumileader:20200608200123j:plain

 

真ん中に落としたらそのカードを獲得できます。

砂時計で時間を計って、時間の限りこれを何回も繰り返すことで

より多くのカードを獲得することを目指します。

 

 

チームワークで素早くモンスターを追い出せ!

上下担当と左右担当のチームになるので、チームは隣り合う位置になります。

カードをめくるのと、落とした駒をセットするのを

どちらがやるか決めておくといいでしょう。

 

ミケ「よっしゃ砂時計スタートや!」

ねずみ「まだ作戦会議してる途中でしょーが」

クロ「僕、駒担当やるよー」 

f:id:nezumileader:20200609192115j:plain

 

 

カードをめくると同時に砂時計スタート。

まずは急いでそのモンスターを見つけるところからです。

 

クロ「どこだどこだ」

ねずみ「あれ?いないぞ。あれ?」

グレー「このままタイムアップしたらウケるな」

f:id:nezumileader:20200609192120j:plain

 

リズムゲームのように合わせるべし

流れるように駒を動かしたいので、いかに息を合わせるかが大事です、

上手く合っているときはリズムゲームのようです。

 

クロ「よっはっ」

ねずみ「ほいほいっと」

ミケ「おおっ、ええ感じやな」

f:id:nezumileader:20200609192123j:plain

 

 

もっとも、そう簡単ではないのがこのゲーム。

仲間が意図した動きをしてくれるとは限らないので。

 

クロ「なんでそっちに行くのさあ」

ねずみ「あっ反対だった」

ミケ「お前、ゲームでまで方向オンチなんか」

f:id:nezumileader:20200609192126j:plain

 

砂時計はたったの1分なので、あっという間です。

なかなか焦ります。

冷静に素早く、というのが難しい。

 

ミケ「あと半分くらいやぞ」

クロ「うわ、バーがじゃまで拾えない」

ねずみ「モンスターカードドロー!」

f:id:nezumileader:20200609192130j:plain

 

モンスター駒が倒れたらやり直し

モンスター駒は軽いので、通路に引っ掛かると簡単に倒れます。

その場合は拾ってスタート位置からやり直しです。

 

ねずみ「うわああ、こけた。ガッデム

ミケ「タイムアップ~」

クロ「あーあ3枚いけなかった」

f:id:nezumileader:20200609192242j:plain

 

 

プレーが白熱してくると、駒が倒れているのを勢いでごまかしたり

通路を無理やり越えて進んだりすることも。

 

ミケ「ボールを持ったら一直線だぁ!」

グレー「いけええぇ」

クロ「うわっ飛んでる!?」

ねずみ「いやボールじゃないし、反則だし!」

f:id:nezumileader:20200609192245j:plain

 

反則ですが、自然とこういうノリになってくるのが

かなり笑えるゲームです(^O^)

 

そして、コンビネーションが上手くいっているときの楽しさは格別で

遊ぶほど上達してくるから、ますます面白くなります。

2人で遊ぶなら協力プレーで何個落とせるか

1分間のタイムアタックに挑戦してみるのも面白いですよ。

 

厳選ボードゲーム紹介 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ