PIRANHA PEDRO(ピラニアペドロ) ボードゲーム

こんなゲームもあるのかあ! 第22回

ピラニアペドロ

ボードゲームの記事を書くときの1番の悩みが

面白いゲームを紹介しても、すでに売っていないケースが多々あることです。

それはスネ夫がゲームを自慢しているだけみたいで心苦しいのです。 

 

お菓子ブログだろうと家電ブログだろうと、そういったことはあり得るでしょうが 

ボードゲームは本当に、長く売られ続けるものが限られていて

多くのものは気が付くと入手難易度が上がっています。

 

今回紹介する『ピラニアペドロ』も、手に入れるのは難しいでしょうが

このカテゴリー「こんなゲームもあるのかあ!」では

入手難易度に関係なく、ひたすら変なゲームを見せたいというのが元々の趣旨でした。

 

なので今回は初心に帰って

ともかく見せたい、というだけの変なゲームをチョイスしました。

(^o^)丿ちょいっすー

f:id:nezumileader:20200714204851j:plain

 

 

外箱のイラストからしてだいぶユニークですが

説明書が漫画で描かれているのも面白い。

ドイツ語ですが、訳さなくてもルールがなんとなく分かるのがいいですね。

f:id:nezumileader:20200714204854j:plain

 

右往左往するペドロ

島に立っているのが、このゲームの主人公「ペドロ」です。

周りに見える魚はピラニアです。

考えてみたらピラニアって淡水魚なので、ここは大きな川ということですね。

この記事を書くまで海だと思い込んでいました。

f:id:nezumileader:20200714204902j:plain

 

カードで進行方向を決める

ペドロはカードによって東西南北に歩きます。

山の方向・滝の方向・村の方向・太陽の方向の4通りで表示されています。 

f:id:nezumileader:20200714204931j:plain

 

 

矢印の数は歩数を表します。

例えばこのカードなら太陽の方向に3歩進むわけです。

しかしこのまま進むと、2歩目と3歩目は水の中に落ちてしまいますね。

f:id:nezumileader:20200714204934j:plain

 

 

そこで、各プレイヤーに最初に配られる「石」を足元に置きます。

これで川に落ちることはないので安心です。

f:id:nezumileader:20200714204937j:plain

 

本物の石!!

この石が実は本物の石なのです。

数えてみたらなんと190個も入っていました!

50個もあれば十分なルールなのに、いったい何を考えているのか!?

そもそも本物の石を使う必要があるのか!?( ゚Д゚)

f:id:nezumileader:20200714204940j:plain

 

ペドロと石を大切に

手札から出すカードは、あらかじめ全員が選んでから同時に出すので

他のプレイヤー次第でどこを歩くことになるか分かりません。

もしペドロがピラニアに当たったりボード外に行ったり

石が足りなくて川に落ちたりしたら、そのプレイヤーはアウトです(3アウトで脱落)

f:id:nezumileader:20200714205008j:plain

 

 

といって安全策で、1歩ずつしか動かないようにしていると

次の回で補充される石の数が減ってしまいます。

他のプレイヤーの動きを予想しながら、思い切って動く必要があるのです。

f:id:nezumileader:20200714205011j:plain

 

攻めるも守るも石(意志)しだい

石を4個持ってスタート。

遊ぶ人数が少ないほど読み合いの要素が強くなります。

2人で遊ぶなら、相手が選ぶカードを完璧に当てるくらいの気持ちで戦いましょう。

カードは2枚ずつ選んで交互に出していく形です。

 

ミケ「さてと、メンタリストの凄さを見せてやるかな」

ねずみ「いつからメンタリストになったんだよ!」

f:id:nezumileader:20200715191555j:plain

 

 

普通は自分の石を減らしたくないので

なるべく川に落ちないように動きたくなります。

しかし性格の悪い人ほど、石を全部使ってでも危険地帯に行って

相手を陥れようとします。

 

ミケ「村方向に2歩や」

ねずみ「くっ・・なんて危険なムーブをするんだ」

ミケ「これがメンタリズムです」

ねずみ「そうなのか!?」

f:id:nezumileader:20200715191603j:plain

 

多人数ゲームで石だらけ

遊ぶ人数が多いほど運の要素が強くなります。

そうなると、一転してパーティーゲーム的な面白さになります。

 

ねずみ「あかん詰んだ。もう石がない」

ミケ「石がないなら お菓子を使えばいいじゃない」

ねずみ「ちょっと何言ってるか分からない」

グレー「そういえば横浜名物シルクアーモンドに似てるな」

f:id:nezumileader:20200720194448j:plain

多人数だと使う石も増えるので、石の道もどんどん伸びていきます。

それでもまあ190個は使わないでしょうが。

  

 

これが横浜名物「横濱シルクアーモンド」

ゲームの石を見ていたら頭に浮かんで、ついつい買ってきてしまいました。

f:id:nezumileader:20200720225525j:plain

www.madeinyokohama.jp

  

この「シルクアーモンド」と「馬車道十番館ビスカウト」が

ねずみのお気に入り横浜名物です。

てな感じで、たまにはお菓子ブロガーになってみたりして(*‘ω‘ *)

 

こんなゲームもあるのかあ カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ