遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

ヒューレン・ベルリンのポストカードが全部面白くて色々と遊べる

ドイツデザインの謎モンスターカード

ねずみも歩けばカードに当たる

 面白いものを常に求めてるせいなのか

ねずみがふらふらと出歩けば、何か面白いものによく出くわします。

以前「多摩の旅カード」を見つけたときもそうでしたが

nezumileader.hatenablog.com

 

面白いものとのシンクロニシティというやつなんでしょうか。

 

先日は町田駅近くのマルイでこんなものに出くわしました。

うっはーー何ぞこれは。もう、あからさまに面白いものだぞ(*^▽^*)

f:id:nezumileader:20181216183834j:plain

 

 

ねずみの中で、瞬間的にワクワク感が高まるのを感じました。

ヒューレンベルリン?と読むのかな。

この名前、このデザイン・・・間違いない。これは・・・!

f:id:nezumileader:20181216183948j:plain

 

ドイツが関わると面白い。ドイツもこいつもそう。

これはドイツデザインの専門ショップでした。期間限定で出店していました。

ドイツと言えばボードゲーム。うちにあるボードゲームは大半がドイツのゲームです。

店頭に飾られている絵の絵柄を見たとき、いつも目にしているような見慣れた絵だと感じましたが、それも当然でした。

いかにもドイツっぽい、ユニークな絵がたくさん。

f:id:nezumileader:20181216184016j:plain

 

A4版とA3版のポスターがメインの商品で、全170種類あるそうです。

 

神「ほれ、ねずみよ。面白そうじゃろ?どうじゃ、買わんのか?」

とでも言われてるような気持ち。

いや、もちろん買いますとも。でもその前に、他に何があるか全部見てみないと。

f:id:nezumileader:20181216184041j:plain

 

 

これは何だろう。メッセージカードかな。

よく見ると絵の部分に切れ込みが入っていて

そこから、中の色紙の色を見せるという手法のデザインになっていました。

こういうところは、すごく日本的な感性ですね。

f:id:nezumileader:20181216184113j:plain

学校で図画工作の時間に、こういうのを作ってみてもいいかもしれませんね。

 

 

他にも何かあるぞ・・・

おおっ何これ!?茶色い紙かと思ったら、木だ!本物の木だ(゜o゜)

なんと、木製ポストカードです。

指で少し押すと、絵の部分が立体に起こせるようになっています。

すっごいなこれ!こんな手があるとは。

f:id:nezumileader:20181216184143j:plain

 

こちらが公式リンクみたいです↓

カード以外にも幅広い商品があって、見てるだけでも楽しいです。

www.hueren-berlin.jp

 

ポストカードをあるだけ買った

色々欲しくなりましたが、ねずみが買うならこれ1択でした。

謎モンスター、ポストカードです。

店頭に残っていたのは22種類でしたが、迷うことなくもちろん全部買いました。

サービスで付けたカタログを、間違えて代金に足してしまったからと

会計後にドイツ人の店員さんが、追いかけて探しにきてくれました。

ドイツ大好きですにゃー(●^o^●)

f:id:nezumileader:20181216184228j:plain

 

このモンスターカードはどれも、ZOZOVILLE(ゾゾヴィル)というギャラリーの作品らしいです。

1枚1枚が全部面白いのですが、特に気に入ったものを3枚だけ貼っていきます。

 

まずはこれ。

手回しオルガンというやつでしょうか。

よく見ると下の方に、ねずみのギタリストも。

楽し気な雰囲気がいいですね。

f:id:nezumileader:20181216184301j:plain

 

 

これは逆に静かな雰囲気のお店。

たそがれた2人の感じがいいなあと思いました。

これも良く見ると、下の方の窓にねずみが。

別にねずみがいるからという理由で選んでるわけではないですよ。

f:id:nezumileader:20181216184330j:plain

 

 

それからこれ。

片方が落書きみたいなモンスターなのが妙に面白い。

左側のモンスターのとぼけた感じの表情も好きです。

見ていると、会話する声が聞こえてくるような気がします。

「よう、モンハンやろうぜ」

f:id:nezumileader:20181216184408j:plain

 

ZOZOVILLEカードで出来る遊びを考えた

多摩の旅カードのときと同じく、素材があれば

それを使って出来る遊びを考えるのが

ねずみの、なすべきことなのであります(`・ω・´)キリッ

 

まず手番プレイヤーは、カードを2枚裏向きで取ります。

f:id:nezumileader:20181216184451j:plain

 

 

そしてそれを見て、2枚を合わせたストーリーを端的に話します。

ねずみ「ええと・・サプライズ帰宅したら、逆にサプライズうぇーいされた」

f:id:nezumileader:20181216184516j:plain

 

その2枚を含めた6枚を場に広げて、どれが正解の2枚か当ててもらうというゲームです。

ただし、全員に当てられたらダメ。誰も当ててくれなくてもダメ。

1人か2人に当ててもらうと得点が入るという、ディクシット方式です。

DiXit(ディクシット) ボードゲーム - 遊びの教室とまとくんブログ

f:id:nezumileader:20181216184546j:plain

 

 

もう1つ違う遊び方で。

読み手プレイヤーが、どれか1枚を見て、想像でそのモンスターの声真似をします。

それを早い者勝ちで取るという、カルタ方式です。

ミケ「キヒッ。キヒッ。キャキャキャッ」

ねずみ「うむー、どれだ?」

f:id:nezumileader:20181216184613j:plain

 

さらにもう1つ別の遊び方。

山からめくったカードで瞬間大喜利をします。

この前テレビでIPPONグランプリという番組を見ましたが

お題カードとして、ぴったりだなと思ったので。

 

グレー「フォッフォッ、よくぞ見破った。ワシがサンタじゃ」

ねずみ「ぶはっっ」

ミケ「それ、おもろい」

f:id:nezumileader:20181216184639j:plain

 

大喜利練習問題

ということで、いろいろな遊びが出来るなあと思いました。

いいもの見つけたなあ。

 

さて練習問題です。この絵を見て一言。

何か思いついたらコメント欄にどうぞ(´∀`∩

f:id:nezumileader:20181216184704j:plain

 

ねずみのひとりごと カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ