遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

めちゃぶつけ 多人数運動遊び

多人数で出来る運動遊びの紹介 第8回

めちゃぶつけ

授業時間があと5分余った、なんてときに便利なのがこの運動遊び。

ボール1個ですぐに出来るので。

 

ねずみ「ええと・・今日はこんなところかな。では挨拶しまーす」

生徒D「ええー、まだ5分あるよ」

生徒B「ドッジボールやろー」

ねずみ「いや、5分でドッジボールは・・・。うーんじゃあ、まあなんかするよ」

f:id:nezumileader:20181014010737j:plain

 

ねずみ「そうさなあ、めちゃぶつけでもするかなあ。ネコ先生ボール1個お願い」

ネコ「はいはいにゃー」

生徒R「はいはいにゃー」

5分で出来ることも色々ありますが、これも選択肢の1つといったところですね。

f:id:nezumileader:20181014010755j:plain

 

必要なものとルール

【必要なもの】ボール1個

ドッジボールに使うようなものを

 

ねずみ「よーし、やってみよう。前にやったから覚えてるよね。ボールを拾った人は5歩動いてから誰かに投げて当てるんだよー」

f:id:nezumileader:20181014010818j:plain

 

ねずみ「はいRちゃん、5歩動いていいから誰かにぶつけて」

生徒R「わかったにゃー」

ねずみ「にゃー付けるの気に入ってるの?」

動ける歩数は、学年や男女で変えるのもありです。

f:id:nezumileader:20181014010839j:plain

 

最初はみんな、逃げることをいまいち理解していないので、ボールに集まってきます。

めずみ「みんな逃げるんだよ。ボールに当たったらアウトだからね」

生徒N「当たったらどうなるのー?」

ねずみ「2回当たったら退場。キャッチはなしだからね。よし、やったれRちゃん。遠慮なくドカッと」

f:id:nezumileader:20181014010859j:plain

 

 

生徒R「えいっ!」

生徒D「あてっ」

ねずみ「D君1ダメージ。もう1回当たったら退場だからね」

f:id:nezumileader:20181014010919j:plain

落ちたボールは、近くにいる人が誰でも拾えます。

しかし先に誰かに拾われたら、近くにいるぶん狙われやすくなります。

 

先生が早めに介入すること

ともかく逃げてくれないとゲームにならないので、

まずはみんなが逃げるようにするため、先生が1度ボールを確保します。

そして、素早く追いかけながら、3人4人と

どんどんボールを当てていきます。

ネコ「おらっ、おらっ、ほれほれ」

ねずみ「B君1ダメージ、E君1ダメージ」

f:id:nezumileader:20181014010942j:plain

こうなると、ボールを持った人から距離を取る、ということが次第に分かってきます。

 

そしてキャッチ不可なためボールがあちこちにこぼれるので、

おとなしい子でもボールを持つチャンスが出てきます。

ねずみ「Lちゃんいった。遠慮しないで拾って」

f:id:nezumileader:20181014011006j:plain

 

動きながらルールを伝える

ねずみ「よーしLちゃんいったれ! 10歩動いていいよ、10歩」

生徒B「えーずるいー」

ねずみ「いいの。ここから、女の子と1年生は10歩にします」

5分で遊ぶなら、このくらいの説明は動きながらするほうが効率的です。

f:id:nezumileader:20181014011036j:plain

 

生徒L「7、8,9、10、えいっ」

生徒N「あたっ」

ねずみ「おおっやるじゃん。ナイス、ナイスぅー」

f:id:nezumileader:20181014011102j:plain

 

ボールを持つのが1人なので、運動量としてはそれほどではないですが

余った5分での遊びなら悪くない選択肢です。

逆にがっつりやるなら、半分の生徒は休憩させて1回あたりの人数を減らすのもいいでしょう。

f:id:nezumileader:20181014011120j:plain

 

即退場ルール

そして2回やるなら、2回目は即退場ルールで。

つまり1ダメージで端っこに座らせます。

生き残り合戦ですね。

このルールにすると生徒の本気度が違います。

f:id:nezumileader:20181014011138j:plain

最後までやると待っている子が退屈しだすので

ほどほどのところで終わって、当たらなかった人に拍手をします。

 

いずれにしても準備や説明が簡単なので、短時間で遊ぶのにはおすすめです。

多人数での運動遊びのアイデア カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ