遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

犯人は踊る カードゲーム

厳選カードゲーム紹介 第11回

犯人は踊る

ゆる~~い、推理カードゲームです。

人数を選ばずお手軽に、ほや~っと(*´▽`*)遊びたいときには

これ以上適してるゲームはそうそうないでしょう。

何といっても遊ぶ人数が3人~8人と広く対応している上に、ゲーム慣れしていない人にとってもルールが分かりやすいので。

 

さらにこのゲームが素晴らしいのは、トランプと同じくらいお手軽に遊べるのに

ガチで遊ぶと名作推理ゲームのような心理戦にもなるところ。

初心者からゲーマーまで、みんなが楽しいカードゲームなのです

f:id:nezumileader:20181001212119j:plain

 

カードが見やすくて、効果が分かりやすくて、イラストがゆるくて

カードの下にそれぞれのカードの効果が書いてありますが

そのテキストが分かりやすいので、最小限の説明ですぐに遊べます。

いくつかのカードは複数枚あるので、毎回構成を変えて遊べるのもいいところ。

そして、イラストがゆるくて面白い(*´ω`*)

f:id:nezumileader:20181120224112j:plain

 

基本的には、このゲームは犯人と探偵の戦いです。

そこに、わんこが良い具合に絡んできます。

 

[犯人]自分の手札がこれ1枚になったら「犯人は俺でした~」とドヤ顔で出せば勝ち

[探偵]あなたが犯人だ!と、コナン君みたいに犯人カードを持っている人を当てれば勝ち

[いぬ]犯人カードに噛みつけば勝ち

f:id:nezumileader:20181001212202j:plain

 

犯人は踊る。ねこもねずみも踊る。

カードを均等に配ってスタート。

ねずみ「よしやってみよー。第一発見者のカードを持ってる人からスタートね」

f:id:nezumileader:20181001212221j:plain

 

ミケ「私が第一発見者です。探偵さん大変です!わたし見たんです!」

こんなふうに手札から1枚ずつ、場に出していきます。

ねずみ「時計回りで、次はクロの番」

クロ「はいよ」

f:id:nezumileader:20181001212245j:plain

 

クロ「ええと、情報交換」

ねずみ「手札から左隣の人にカード1枚渡す。全員ね」

グレー「あいよ」

ミケ「ほらよ」

f:id:nezumileader:20181001212310j:plain

1人がカードを出すごとに、何かしら状況が動いていくのが面白いところ。

 

 

ねずみ(げっ、クロのやつ犯人カード送ってきた)

クロ「うひひ」 

f:id:nezumileader:20181001212335j:plain

ゲーム中このように犯人カードや探偵カードがくるくる回っていくので

いま誰が犯人で誰が探偵か、注意深く状況を見ていく必要があります。

 

推理とポーカーフェイス

カードはいろいろですが、この「アリバイカード」の効果が面白い。

アリバイカードを持っていると、探偵に「お前が犯人だ!」と指摘されても

「えっ何言ってるの、違いますよ」と嘘をつくことが出来るのです。

f:id:nezumileader:20181001212355j:plain

逆にアリバイカードをあえて早めに捨てることで

「犯人じゃないから必要ない」というアピールにも使えますね。

 

 

グレー「目撃者」

ねずみ「えーと誰かの手札を見れるよ」

グレー「じゃあミケの」

ミケ「あいよ」

こんな強力なカードもあるので、少しずつお互いのカード状況が見えてきます。

f:id:nezumileader:20181001212428j:plain

 

犯人カードを持っている人は、手札が最後の1枚になったら自分の手番で勝利宣言をします。

この瞬間が最高なのです。思わず笑いがこぼれそうになります。

探偵の読みをかわした後は、勝ったも同然なので。

f:id:nezumileader:20181001212451j:plain

ねずみ(い、いける。駄目だ、まだ笑うな....こらえるんだ...)

 

 

 

ミケ「いけ!パトラッシュ!」

ねずみ「な、何ぃ!? いぬだとーー!」

f:id:nezumileader:20181001212555j:plain

 

ねずみ「ぐぬーなんで分かった?」

ミケ「口がピクピクしてたからな。ポーカーフェイス大事やで」

グレー「へー、クロがクロだと思ってたわ」

f:id:nezumileader:20181001212617j:plain

こんな感じで、だいぶ笑えるゲームです。

人数が増えるとさらに読み合いの面白さも増すので、いろいろな人数で遊んでみたくなります。

厳選カードゲーム紹介 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ