遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

もじぴったん カードゲーム

厳選カードゲーム紹介 第9回

もじぴったん

ことばのカードゲームもじぴったんです。

囲碁と将棋しかなかった教室に、爆発的にボードゲームが増えるきっかけになった要因の1つが、このゲームとの出会いでした。

 

学童保育で仕事をしていたときに同僚だったマッキーリーダーさんに

誕生日プレゼントでもらったものなのですが

「なにこれ!?めっちゃおもろいやん!世の中にはこんな面白いものがあるのか」

と、すごく驚きました。

そのときから「面白い探し」が始まったのです。

f:id:nezumileader:20180912201129j:plain

 

ぴったん たんた もじぴったん♪

もじぴったんの主題歌「ふたりのもじぴったん」です。

CMでも流れていたので、聞き覚えのある人は多いのではないでしょうか。

www.youtube.com

このゲームをやっていると、いつも頭の中でこの曲が流れます。

(∩´∀`)∩ぴったん たんた もじぴったん♪

実に楽しい曲です。くせになるー

 

これがもじぴったんシートです。長く長く遊んでいるのでボロボロになりました。

思い出の傷というやつですな。

f:id:nezumileader:20180912201158j:plain

 

もじぴったんのあそびかたなのん

手札を10枚ずつ配り、シート中央に無作為に2枚のカードを置きます。

ねずみ「そい!」

ミケ「そいそい」 

f:id:nezumileader:20180912201226j:plain

 

そして手持ちのカードと中央のカードを繋げて言葉をつくります。

」にカードが色分けされているのが見やすい。親切設計ですね。

f:id:nezumileader:20180912201259j:plain

 

ねずみ「じゃあ・・・いも」

こんなふうに出します。手札を使い切れば勝ちなので、2文字では・・しょぼい。

f:id:nezumileader:20180912201329j:plain

 

グレー「すいか」

ねずみ「おおっ。3文字」

こんなふうに前後につける出し方もあります。

f:id:nezumileader:20180912201405j:plain

 

ミケ「ほな、さつまいも」

ねずみ「ほーー」

すでに出ている単語を利用する、面白い出し方です。

しかも3枚も手札を使いました。

長い言葉を見つけるのは、なかなか難しいのです。

f:id:nezumileader:20180912201426j:plain

 

クロ「おけつ」

ミケ「ぷっ」

ねずみ「こらーー」

クロ「上品に、『お』をつけたやん」

下ネタは絶対出てきます。

f:id:nezumileader:20180912201449j:plain

 

ねずみ「ちゃんす」

このように小さい文字として使うことも出来ます。

特に「やゆよ」は、この使い方が出しやすい。

f:id:nezumileader:20180912201514j:plain

 

ねずみ「ん? いかんたむ?」

グレー「ガンダムやが」

濁点をつけるのも自由です。

f:id:nezumileader:20180912201534j:plain

 

ミケ「萌えー」

クロ「ちょっと待てw 伸ばし棒いらんやろ」

ねずみ「いつの時代のオタクだよw」

他のプレイヤーからクレームが出たらやり直しになることも

f:id:nezumileader:20180912201559j:plain

 

もじぴったん練習問題。

シャッフルして10枚、てきとうに取りました。

手持ちのカードを場に繋げて言葉を作ってください。

ねずみには2文字しか見つけられませんでした。

語彙力のあるみなさんなら、何か見つけてくれるのでは(・∀・)

f:id:nezumileader:20180912201629j:plain

何か見つけた人はコメント欄にどうぞ。

 

小学生くらいの子と遊ぶときは

「手札だけで作った言葉を場に出してもいい」というハンデルールにするのもいいと思います。

普通は、語彙力のある大人の方が有利なので。

たぶんね\(^o^)/

 

ゲームは楽しく遊ぶのが第一なのです。

厳選カードゲーム紹介 カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ