遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

どうぶつしょうぎVSオセロ ボードゲーム異種対決

ボードゲーム異種対決のルールを考える 第10回

「どうぶつしょうぎVSオセロ」

ついに10回まで来ました。

さあどんな組み合わせでもやったるぞーと意気込んでみましたが、今回は過去最大の苦戦回です。

頭が冴えているときは、流れるようにルールが浮かび上がって見えるのですが

今回は迷いの雲がどうにも晴れないような・・・ 

f:id:nezumileader:20180919201156j:plain

 もし、くじ引きでこの対戦カードが第1回だったら、難しすぎて企画自体を断念していたかもしれません。運が良かったのかも。

 

どうぶつしょうぎのホームゲーム

改めて特殊な盤だなあと思います。

一度はこの小さな世界の中で異種対決させてみたいですが。

今回もこの盤では何か出来るイメージが見えないので、やめておきます。

f:id:nezumileader:20180919201224j:plain

 

オセロのホームゲーム

といって、オセロ盤ではどうぶつのサイズがけっこうギリギリ。

いちおう4マスにまたがる「チェスVSどうぶつしょうぎ」でやった方式も、頭の片隅に考えつつ進めました。

チェスVSどうぶつしょうぎ ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ 

f:id:nezumileader:20180919201258j:plain

 

や、やばい知らなかった

さて、まずはどうぶつがオセロに挟まれてひっくり返ったらどうするか。

そこからだな。

f:id:nezumileader:20180919201324j:plain

 

ん、あれ?にわとり!?ひよこの裏ってそうなんだっけ!?

f:id:nezumileader:20180919201347j:plain

背中に冷や汗が。あわわわ。

そういえばどうぶつしょうぎは、買ってから単体で遊んだことがそんなになかったような。

その上ひよこは、ほとんど捨て駒にされるので「成る」ということを失念してました。

 

大変だ・・過去記事で、なんかルール破綻するやつがあるんじゃないのか(゚Д゚;)

慌ててどうぶつしょうぎの出てくる過去記事を見返しましたが、この見落としで問題になるところはなかったです。

チェスVSどうぶつしょうぎ ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ

バックギャモンVSどうぶつしょうぎ ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ

いちおうそれぞれ追記しておきましたが。

 

はーー。しっかりせねば。他のどうぶつは裏側真っ白でした。

f:id:nezumileader:20180919201419j:plain

 

考えることが山積み

まずは勝利条件の設定からですが

オセロはライオンをはさむこと、が勝利条件として自然でしょうからそれはいいとして。

どうぶつ側の初期配置や勝利条件をどうするか。 

f:id:nezumileader:20180919201450j:plain

 

どうぶつ全員が合流する

オセロ駒を特定の数取る

指定ターン数生き残る

 

思いつくのはまずこのあたりか。

 

ん・・裏返ったどうぶつはどうする?取り除くのか、その場に残るのか。

それにひよこは何度ひっくり返っても無敵でいいのか?

f:id:nezumileader:20180919201548j:plain

 

ライオンでこの黒を取ったら挟まれるか。オセロつええな・・・

うーん。戦い方がもう1歩見えてこない。

とりあえず、どうぶつが進んだ場所にあるオセロ駒は取れる、というのは問題ないでしょう。

f:id:nezumileader:20180919201526j:plain

 

かすかに見えてきた!ルール構築

1週間悩みましたが、過去に使った方法を全部試そうと思ったことで、かすかに光が差しました。経験は大事ですね。

 

どうぶつ側の勝利条件がどうあれオセロが強すぎるので、黒と白を交互に打つという制限を試しました。

これを3個おきにしたことで、強弱のバランスがよくなりました。

つまりオセロ側は、黒黒黒白白白というふうに、順に打っていきます。

オセロ駒を、こんな並べ方で置いておくと分かりやすくなります。

f:id:nezumileader:20180919201618j:plain

 

どうぶつの勝利条件は、ライオンが上辺に到達することにしました。下から上に進む形です。

f:id:nezumileader:20180919201639j:plain

 

裏になったどうぶつは場に残り続けます。

そして、裏表に関わらず、どうぶつの上にはどうぶつが乗れます

こんなふうに。

f:id:nezumileader:20180919201700j:plain

 

どうぶつが重なっている状態で挟まれたら、下のどうぶつを取り除きます

仲間の自己犠牲ともいえる助けを借りながら、前に進むライオン。

どうぶつしょうぎ得意の団結力ですね。

f:id:nezumileader:20180919201744j:plain

 

どうぶつが挟まれて、ひっくり返ったり、取り除かれたりした場合

そのどうぶつの周囲の石は全て消えます

下の場合、ぞうを裏にしたあと、4枚の石が全部消えます。

f:id:nezumileader:20180919201817j:plain

 

ひよこが挟まれてにわとりになったときも、同じく周囲の石は消えます。

さらにオセロ側プレイヤーが、その位置からにわとりを3マスまで自由に移動します(ななめ移動はなし)

にわとりになって駆け回ったイメージですね。

また、にわとりの状態で挟まれた場合、にわとりは取り除かれます

f:id:nezumileader:20180919201840j:plain

 

どうぶつ自身はどちらの色としても扱うので

例えばこんなふうに、オセロ駒と一緒に裏返ることもあります。

この場合、白石とキリンの両方をひっくり返します。

f:id:nezumileader:20180919201909j:plain

 

また、繋がった2体のどうぶつを同時にひっくり返すことはできません

このあたりも、どうぶつしょうぎの団結力ですね。

f:id:nezumileader:20180919201942j:plain

 

今回の完成ルール

初期配置だけは最後まで悩みましたが

ひよこを下から3列目、それ以外を2列目に自由な置き方で配置できることにします。

f:id:nezumileader:20180919202015j:plain

【どうぶつしょうぎの勝利条件】ライオンが上辺に到達する

【オセロの勝利条件】ライオンを裏返す。またはライオン以外の全てのどうぶつを裏返す

 

【基本ルール】

オセロは黒と白を3個ずつ順に打つ

どうぶつは裏表に関わらずどうぶつに乗れる

 

どうぶつが重なった状態で挟まれたら、下のどうぶつだけを盤から取り除く

ひよこは挟まれたらにわとりになり、そのにわとりをオセロプレイヤーが自由に3マス移動させる

にわとりが挟まれたら盤から取り除く

上記のいずれの場合も含め、どうぶつが挟まれたら周囲の石は全て消える

 

隣り合った2体以上のどうぶつを、同時に挟むことは出来ない(石を置くことも出来ない)

 

以上です。

ルールの多さが、今回の苦戦を物語っています。

しかし、なんとかバランスの取れたゲームになりました。大変だったー