遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

オセロVS連珠(にゃんこならべ) ボードゲーム異種対決

ボードゲーム異種対決のルールを考える 第7回

「オセロVS連珠(にゃんこならべ)」

これで各ゲームが2回ずつ登場しました。

どの組み合わせもルールの作り方は何通りもあるでしょうから

その時その時にベストを尽くすことだけを考えています。

 

さて今回はオセロと連珠(にゃんこならべ)の対決ですが・・・

にゃんこならべから見たらオセロは天敵なのでは。

なにしろ挟まれたら、3個でも4個でもまとめてひっくり返ってしまいますから。

攻撃力という点でいえば、今回は最強VS最弱です。

オセロの破壊力と比較して、にゃんこの攻撃力は0ですからね。

f:id:nezumileader:20180830201655j:plain

攻撃力に差がある場合、今までなら

強い側に制限をかけたり、弱い側に攻撃力をつけたりしてきましたが

今回はなんとなく、そういうやり方はしないほうがいいと直感的に思いました。

「柔よく剛を制す」みたいなことをしてみたいのです。

 

にゃんこならべのホームゲーム

さて盤の選択。まずは、にゃんこ盤から。

「連珠(にゃんこならべ)VS将棋」の回では使わなかった盤ですが・・・

連珠(にゃんこならべ)VS将棋 ボードゲーム異種対決 - 遊びの教室とまとくんブログ

 

うーん。やはりオセロ駒がでかい。ポケットサイズの小さいオセロならいいのでしょうが。これはなさそうです。

f:id:nezumileader:20180830201735j:plain

 

オセロのホームゲーム

まあ、素直にこっちでやりましょう。とりあえずオセロふうに置いてみました。

広く使うために交点に置く形で。

そして、にゃんこが先手で黒を持ってみます。

f:id:nezumileader:20180829224930j:plain

 

にゃんこのノビに対してオセロが挟むとしたら?

どうなるか・・・

f:id:nezumileader:20180829225000j:plain

 

まあ自然に考えればこうなりますね。にゃーん

オセロが挟んだにゃんこは色が変わる、とします。

これを見た瞬間いろいろとひらめきました。ねずみは天才なので(●^o^●)

f:id:nezumileader:20180829225022j:plain

 

いや、ひらめいたのは右脳を鍛えた効果と言い換えておきます。

そしてここぞとばかりに過去記事を宣伝しておこう(*^▽^*)にゃはは

nezumileader.hatenablog.com

 

ひらめいたのはこうです。

にゃんこ側は毎回自由に、黒白どちらのにゃんこを打つことも出来て

どちらの色のにゃんこが5つ並んでも勝ちというルールです。

 

そのルールでいけるという確信が、不思議とありました。

細かいルールは打ちながら考えつつ、ハメ手みたいになりそうな手は意図的に避けて、ともかく打ちきってみました。

この局面だけで言えば、にゃんこは5つ並んでいないのでオセロの勝ちです。

f:id:nezumileader:20180829225055j:plain

 

なんとなくこれで良さそうな部分だけ確認しておきます。

オセロは駒の種類に関わらず2色だけを把握すれば、ルールは基本通りです。

例えば、このようなケースで白を挟めば、下のように変わります。

f:id:nezumileader:20180830201833j:plain

 

ハメ手や必勝法が出ないように注意する

今までのどの対戦でもそうでしたが、どちらかに必勝法が存在してしまったら

それはルールとして破綻していることになります。

個人での検証なので限界はありますが、極力そうならないように毎回最善を尽くしているつもりです。

 

それも踏まえての基本ルールですが、

使ったにゃんこと逆の色をオセロは打つこと

 

そしてオセロ駒に接していない場所に、にゃんこ駒を打った場合、オセロは自由な場所に打てる

これは、写真のように端っこに連打するのを防ぐためです。 

f:id:nezumileader:20180829225144j:plain

 

逆にオセロ駒に接してにゃんこ駒を打った場合(タテ・ヨコ・ナナメいずれでも)

オセロはいずれかの駒を挟んでひっくり返す必要があります

もしひっくり返せる駒がなければ、オセロの基本ルールと同様パスすることになります。

f:id:nezumileader:20180829225215j:plain

 

ルールの抜け穴がないかチェック&チェック

試しにずっと黒にゃんこだけを打ち続けていたら、オセロが どんどん白に変えていくので、画面が真っ白になりました。

にゃにゃにゃにゃーん(=^・^=)

これはまずいな・・・

f:id:nezumileader:20180830201859j:plain

 

うーん。そうか、ならば回数制限をつけるのがいいかも。

にゃんこは同じ色を打ち続けられるのは5回までとします。

(一度別の色のにゃんこを打てばリセットされる)

例えば黒を5回打って、白を1回打って、黒を5回打って、という具合ですね。

f:id:nezumileader:20180829225333j:plain

 

このルールはすごく機能しました。

にゃんこは同じ色を5回打ってオセロを苦しめますが、あと一手というところで違う色を打つことを余儀なくされるので、そこでオセロが反撃する形ができました。

ゲームバランスは非常にいいです。

f:id:nezumileader:20180829225257j:plain

 

このルールではにゃんこならべが勝ちましたが、紙一重の接戦になりました。

下のほうで白にゃんこが5個並んでいますね。

f:id:nezumileader:20180829225354j:plain

 

今回の完成ルール

【オセロの勝利条件】黒白いずれのにゃんこも5個並ばせない

【にゃんこならべの勝利条件】黒白いずれかのにゃんこを5個並ばせる

 

【基本ルール】

にゃんこならべが先手を持つ

にゃんこが打った色と反対の色をオセロは打つ

同じ色のにゃんこは5回までしか連打できない

オセロ駒とタテ・ヨコ・ナナメのいずれかで接してにゃんこを打ったら、オセロは必ず何かをひっくり返す必要がある(オセロ駒のみでも可)

オセロ駒と接しない場所ににゃんこを打ったら、オセロは自由な場所に打つことができる

 

以上です。柔よく剛を制すのイメージ通り、

かなりうまくまとまったと思います。

にゃーん

 

新しいゲームを考えてみる カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ