遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

キックベース 多人数運動遊び

多人数で出来る運動遊びの紹介 第5回

キックベース

攻撃側は1人ずつしかプレーできない上に、ルールも分からないといけない野球系の運動は

経験者は別としても、多人数でやるには不向きなのでは・・

と思うでしょうが、そこは工夫次第です。

18人までなら、なんとかなります。

 

ねずみ「よーし、今日はキックベースやるよー。1列に並んでー」

生徒A「はーい」

生徒B「ドッジボールいつやるのー」

ねずみ「ん・・・分かった来週やる。必ずやる」

生徒C「来週休みじゃないのー?」

ねずみ「あ、そうだった忘れてた。じゃあ再来週やる。たぶん」

f:id:nezumileader:20180805191159j:plain

 

まずは全員を1列に並べます。

ねずみ「よし、やってみようか」

f:id:nezumileader:20180805191221j:plain

必要なものとルール

【必要な物】

マット3枚(ストレッチマット等でも可)

跳び箱1~2台

サッカーボールくらいの大きさのボール1個

先生できれば2人です。

 

マットは1塁・3塁・ホームとして使います。よほど広い場所でない限り、2塁は必要ありません。

そしてホームベースは打つ場所ではなく、三塁側寄りに置きます。

速やかに順番を回すためです。

 

ねずみ「ボールを蹴ったら1塁に走る。1塁はあっちね。ではいくよー」

f:id:nezumileader:20180805191247j:plain

 

跳び箱は1塁手として置きます。ここにボールが当たれば1塁手が捕ったという扱いです。

基本的に1塁でのアウトだけを狙うので、3塁の跳び箱はあってもなくてもいいです。

f:id:nezumileader:20180805191316j:plain

 

先生はとにかく蹴りやすいボールを投げて、必ず初球打ちが出来るようにしてください。

 

ねずみ「はい!蹴ってー」

f:id:nezumileader:20180805191343j:plain

 

ねずみ「ネコ先生いった!」

ネコ「はいよ」

f:id:nezumileader:20180805191412j:plain

 

ネコ「おらっ」

ぼこっ!

これでアウトです。ただし練習なので打者は1塁に残させます。

ねずみ「Bくんいいよー。そのまま1塁にいてー」

f:id:nezumileader:20180805191441j:plain

 

テンポアップ!テンポアップ!

ねずみ「Bくーん、次の人が打ったら走るんだよー」

生徒B「おっけーグーグル」

ピッチャーはランナーに指示を伝えながら素早くボールを回収して・・・

f:id:nezumileader:20180805191518j:plain

 

振り向きざますぐに投球します。

目標は1人あたり10秒。遅くても15秒以内で完了させていきます。

15秒×18人=4分30秒で全員に回りますね。

f:id:nezumileader:20180805191556j:plain

 

サッカーが得意な男の子は、すごく遠くまで蹴ったりしますし

ネコ「にゃはー」

f:id:nezumileader:20180805191624j:plain

 

逆にちょこっとしか蹴れない子や

生徒R「えいっ」

f:id:nezumileader:20180805191652j:plain

 

空振るほうが難しいのに空振る子もいたりして

生徒K「えい。あっ」

f:id:nezumileader:20180805191726j:plain

 

なかなかに大変なのですが、とにかくまずは全員に蹴らせます。

これは、そもそも野球を知らない生徒にも、ルールを理解させるのが狙いです。

そしてここまでが第1段階です。

f:id:nezumileader:20180805191803j:plain

 

3チームに分ける

生徒数が12人以上なら3チームに分けます。

それぞれ、攻撃・守備・休憩ですね。

ただしピッチャーは必ず先生がやります。アップテンポのリズムを保つためです。

ねずみ「走ってる人と守ってる人で、ぶつからないように気を付けるんだよー」←最重要な指示

f:id:nezumileader:20180805191836j:plain

 

さっき全員に蹴らせたことで、生徒に守備をやらせてもルールを自然に理解できています。

f:id:nezumileader:20180805191915j:plain

 

跳び箱に当てる以外に、フライを直接捕ったら当然アウトですし、ランナーにタッチしてもアウトにできます。

生徒D「ぎゃふっ」

f:id:nezumileader:20180805191944j:plain

 

アウトカウントに関わらず、チームの全員が蹴ったらローテーションします。

蹴ったチーム⇒守備につく

守備したチーム⇒休憩する

休憩してたチーム⇒打席に並ぶ

f:id:nezumileader:20180805192013j:plain

一度基本のルールを覚えてしまえば、当てやすい太めのバットと大きいボールを使って、普通の野球をするのもいいですね。

野球に興味のなかった子が、野球の面白さに目覚めるかもしれません。

 

このカテゴリーの一覧はこちら↓

多人数での運動遊びのアイデア カテゴリーの記事一覧 - 遊びの教室とまとくんブログ