遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

盗賊の親方 ボードゲーム

こんなゲームもあるのかあ! 第2回

盗賊の親方

前回と同じく入手困難なゲームなので、こちらのカテゴリーでの紹介です。

このゲームも「こんなゲームがあるのかあ!」という、カテゴリー通りのゲームです。

いくら面白いゲームでも、どのくらい流通するかはメーカー次第なのが悩ましいですね。

 

第1回はこちらでした↓

nezumileader.hatenablog.com

 

 

これがボードゲームの箱なの!?

と誰もが仰天する、大きな木箱。この中に入っているものは・・・

f:id:nezumileader:20180728162948j:plain

 

パカッ!

なんかすっごいものが入ってるぞ。

ねずみ「どやぁ ( ̄▽ ̄) 」

思わずどや顔になるねずみ。

教室にあるボードゲームの中で、一番特殊なものかもしれません。

f:id:nezumileader:20180728163015j:plain

 

これは実は宝石箱です。

各段に4つの引き出しがあり、どの段もくるくる回せます。

f:id:nezumileader:20180728163049j:plain

 

こんなふうに。

また全体を持ち上げて、上下をひっくり返しても同じ構造になっています。

f:id:nezumileader:20180814184053j:plain

 

そしてこれが箱に入れる宝石です。 

白はダイヤモンド(1点)

青はサファイア(2点)

赤はルビー(4点)

f:id:nezumileader:20180728163854j:plain

ゲームは準備段階から始まっているのです

引き出しは2種類あります。

ひっくり返しても、裏側も同じようになっています。

そして、この奥があるタイプの引き出しのうち6か所にルビーをしまいます。

またプレイヤー1人につき10個のダイヤモンドを、1つずつ順番に好きな引き出しにしまいます。

このときに、さりげなくどこかの引き出しに集中してしまって覚えておくのが大事です。

f:id:nezumileader:20180728163927j:plain

 

このように1つしまっては・・・

f:id:nezumileader:20180728164042j:plain

 

回したり上下逆にしたりするので、ぼんやりしてると、どこに何個入ってるか分からなくなります。

f:id:nezumileader:20180728164139j:plain

 

遊び方とキャラクター紹介

これが最初の手持ちです。ゲームが始まってからも、この宝石をどんどん宝石箱にしまっていきます。

白い布に残ってる宝石はマイナス点になるので。

f:id:nezumileader:20180728164318j:plain

 

これがプレイヤー全員に配られる手札です。

左上から、宝石商・宝石商の妻・密輸業者・盗賊・盗賊の親方・探偵

プレー時にはこの6枚のカードから1枚を選んで、全員が同時に場に出します。

f:id:nezumileader:20180728164407j:plain

 

宝石商や宝石商の妻は、手持ちの宝石を宝石箱にしまうカードです。

そして盗賊や盗賊の親方は逆に、好きな引き出しを開けて宝石を盗むカードです。

 

盗賊カードを使う時は、準備のときからさりげなくためて置いた引き出しを覚えておけば、こんなふうにごっそり。

宝石箱から盗んだ宝石は黒い布の上に置きます。それが得点になります。

f:id:nezumileader:20180728164455j:plain

 

ということで、基本は木目の暗記です。しまう時も盗るときも。

ねずみ「確か3つためといたのは、この引き出しだよな・・・うひひ(゚∀゚)  」

f:id:nezumileader:20180728165407j:plain

 

ねずみ「ああっ!ぐぬぬ・・」

ゲーム中何度も上下逆さにするため、引き出しを開けたときポテッと宝石が下から落ちることがあります。これは恥ずかしい。

落ちた宝石は赤い布に乗せます。そして探偵カードを使ったプレイヤーがいたら、赤い布の上にある宝石を全部もらえます。

f:id:nezumileader:20180728165625j:plain

なんで探偵が、落っこちた宝石をちゃっかり持っていくのか謎ですが

たぶん「指紋確認をします・・ふふ」とでも言うのでしょう。

 

盗賊の親方だけが引き出しの奥を見られる

このゲーム「盗賊の親方」のタイトル通り、主役は盗賊の親方カードです。

こいつを使ったときだけ、引き出しの奥を見る権利があります。

 

そーーっと引っ張って・・・

ここでやめとけばダイヤ2個は確定。

もし奥まで引っ張ってルビーが下から落ちたなら何ももらえない・・・

f:id:nezumileader:20180728164609j:plain

 

ねずみ「あったあ!ルビーだあ(*^◯^*) 」

この瞬間がこのゲームのクライマックスです。

f:id:nezumileader:20180728164735j:plain 

警報装置というおもろいシステム

宝石商カードを使ったとき、宝石を1個しまってから警報装置を入れることができます。

これを入れて逆さにしておけば・・・ 

f:id:nezumileader:20180728164856j:plain

 

しばらくしてみんなが忘れた頃に、こうして落ちたら

「ピーピー!警報装置発動!警報装置発動!」

これは警報が鳴って泥棒失敗したということで、装置を仕掛けたプレイヤーがこの宝石をもらえます。

f:id:nezumileader:20180728165027j:plain

けっこうみんな自分で仕掛けた警報装置を

自分で落としちゃったりするのですが(・∀・)

 

最後は白い布に宝石が残っていたらマイナス。

黒い布の上の宝石が得点になります。

f:id:nezumileader:20180728165246j:plain

このゲームは、気分を出すために白い手袋でもして遊びたいですね。