遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

DiXit(ディクシット) ボードゲーム

厳選ボードゲーム紹介 第11回

DiXit(ディクシット)

コミュニケーションゲームの隆盛は、間違いなくここから始まりました。

2010年ドイツ年間ボードゲーム大賞を始め、ヨーロッパ各国での受賞歴は数知れません。

コミュニケーション・パーティーゲームのレジェンド。それがディクシットです。

 

ボードゲームを集め始めたばかりのころに買ってから、

「感性を表現する」というのが楽しくて、ずっと変わらずお気に入りのゲームです。

 

ゲームを通して相手の感性を垣間見る楽しさというのは、人と関わる楽しさそのものです。

どうしたって飽きるわけがないですね。

f:id:nezumileader:20180723143313j:plain

 

デザインが最高なのー

箱がそのまま得点ボードになっています。

ボードもカードもウサギ駒も、全部ほんわかしてかわいいのです。

f:id:nezumileader:20180723143342j:plain

 

ウサギ駒は得点表示に使います。

じゃっかん不安定で、よくこけます。

f:id:nezumileader:20180723143411j:plain

 

カードが全部芸術作品!

このゲームの凄さは、なんといってもカードの美しさです。

山のようにあるカード全てに、そのまま美術館に展示できるくらいの綺麗な絵が描かれています。

シャッフルして、てきとうに何枚かめくってみましたが

このように、どのカードもユニークなものばかりです。

f:id:nezumileader:20180723143742j:plain

 

さあ遊ぼう。ディクシットで遊ぼう。

まず、全員に6枚ずつ手札を配ります。

まだ何もしていないのに、必ず楽しい気持ちになります。

色々な人と遊びましたが、どの人も楽しそうな気持ちの溢れる表情になります。

きっと絵の持つ力でしょうね。

 

見てください。こんな色とりどりの手札を見たら

絶対こんな顔になるでしょう⇒ (*´▽`*)ほわーん

 

さて、語り部(手番プレーヤー)は

手札からカードを1枚選んで、それについての表現をします。

f:id:nezumileader:20180723143438j:plain

 

まあ実際にやってみますね。

ねずみはこのカードを選んで、こう表現しました(他のプレーヤーにはカードを見せません) 

ねずみ「ええと・・アナと雪の女王ごっこ」

f:id:nezumileader:20180723143510j:plain

 

これを聞いて、他のプレーヤーも自分の手札から「アナと雪の女王ごっこ」というイメージのカードを選んで、裏向きで提出します。

それらを全て混ぜてから並べると・・・

 

それっぽいカードも、ちょうどいいのがなくて仕方なく出したカードも出てきました。

並べた瞬間みんなが、どっと笑うのが最高です。

ねずみ「さあ、ねずみが出したアナと雪の女王ごっこはどれでしょう?」

f:id:nezumileader:20180723143535j:plain

「えっ、ヤバい。どれだ。5は絶対違うだろうが・・」

「これかこれだよなあ。いやこっちも可能性あるか」 

そうして全員がチップで回答します。

結果は・・・

 

3人のプレーヤーが正解。黄色プレーヤーだけが外しました。 

もし全員が正解してしまったら、語り部には点が入りません。

それは「表現が分かりやすすぎた」からです。

 

逆に誰も正解しなかったら、やはり語り部には点が入りません。

それは「表現が分かりにくすぎた」からです。

f:id:nezumileader:20180723143607j:plain

 

語り部は「分かりやすすぎず、分かりにくすぎず」という表現に成功したので3点ゲット。

正解した3人のプレーヤーも3点ゲット。

さらに、間違って自分のカードに投票してもらえたプレーヤーは票数分の点数をゲット。

f:id:nezumileader:20180723143639j:plain

 

練習問題1

写真撮影中たまたま電話をくれたマッキーさんに、通話で協力してもらいました。

マッキーさんは、遊戯王カードを一緒に研究した決闘者(デュエリスト)です。

2人は以前、同じ学童保育の先生をしてましたが、そこで生徒との関わり上どうしても遊戯王を知っておく必要がありました。

 

スマホで数枚の画像を見せたところ

マッキー「これ、顔に見える」

ねずみ「あっ!確かに。面白い発想するなあ」

なるほどーと感心したカードが、この中にあります。

さあどれでしょう?それ以外の4枚はてきとうに選びました。

f:id:nezumileader:20180723143833j:plain

 

練習問題2

ねずみ「アイスランドなう」

さて何番?

「このカードなら、もっと違う表現するだろう」というのは減らしていけば

消去法でいけると思います。

f:id:nezumileader:20180723143713j:plain

正解は後日コメント欄にて。

あるいは語り部の練習で、それぞれのカードをどんな表現で出すか考えるのもいいですね。

 

このゲームは、お互いの性格を知っていれば楽しさは格別ですが

逆に初対面でもその人の独自の感性が分かって、それもまた非常に面白いのです。

 

ディクシットは拡張カードもたくさん出ています。

人気の高さが分かりますね。 

f:id:nezumileader:20180723143810j:plain

普段拡張はあまり買わないのですが、このゲームは好きすぎて買わずにいられませんでした。

拡張では絵の雰囲気ががらっと変わって、また新鮮な気持ちで遊べました。