遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

成敗 カードゲーム

厳選カードゲーム紹介 第5回

成敗

ねずみは特に時代劇好きということもないのですが、

ここまで独特なテーマの作品を見せられては

「こんなの絶対面白いに決まってるやん」と即買いするのも仕方ないですね。

 

このゲームはタイトル通り、成敗人たちが、この世の悪を斬るゲームです。

必殺仕事人ですね。

いやいや、なんやこれはー(;´∀`)

f:id:nezumileader:20180722184719j:plain

ルール等、ややゲーマー向けなので紹介を迷いましたが、工夫次第で遊びやすくなることと、テーマの抜群の面白さから記事にすることを決めました。

 

登場人物 (成敗人VS悪党)

この8人が、ゲームの主役である成敗人たちです。

それぞれのプレーヤーが1人を選んで担当する、協力型のゲームです。

夜叉丸以外の7人は、固有の能力を持っています。

夜叉丸は特殊能力がない代わりに基本数値が高いということですね。 

f:id:nezumileader:20180722184940j:plain

 

そしてこれが悪党・・・

ではなく、成敗人の「裏の顔」です。

悪党を裁いた後に、それぞれの決め台詞を読みあげるまでが、このゲームなのです。

f:id:nezumileader:20180722185027j:plain

 

悪党はこちらでした。

うはー、みんな悪そうな顔してはる。

悪党側にも、それぞれの固有能力があります。

ただゲームに慣れるまでは、この固有能力をどちらも使わないでプレーする

というのもいいと思います。

f:id:nezumileader:20180722185103j:plain

 

成敗のしかた。この世の悪を裁くなり

さて2人プレーという形で、簡単にルールを書いてみます。

キャラクターに書いてある数字は、上から

閃(スピード)撃(攻撃力)命(生命力)です。

f:id:nezumileader:20180722185136j:plain

 

そしてプレイヤー人数分の悪党を自由に選びます。

右の越後屋総兵衛は固有能力もないし、ずいぶん弱そうに見えますが

注目すべきは右上の数字です。

この数だけ、それぞれの悪党は何らかの切り札を持っています。

f:id:nezumileader:20180722185220j:plain

 

つまりこんな感じです。

このカードがそれぞれ、手下だったり武器だったり罠だったりします。

越後屋本人は弱くても、どんなとっておきを隠し持っているか分からないので、これが恐ろしいのです。

f:id:nezumileader:20180722185252j:plain

ゲームに慣れるまでは、このカードも3枚ずつくらい減らすといいと思います。 

戦い方

ルール説明のために、丸腰の越後屋と戦ってみましょう。

まず、閃(スピード)を見ます。じじいより凛ちゃんのほうが速いですね。

そこで凛が先制攻撃します。

凛の撃(攻撃力)6は、じじいの命(生命力)3を上回っています。

越後屋は反撃することも出来ずに、裁かれてしまいました。

f:id:nezumileader:20180722185324j:plain

最終的にこのように勝利できればいいのですが、さてどうなるか・・・

 

わずかな準備時間

各プレイヤーには手札が7枚配られます。

左上の数字は「時間」です。例えば2のカードを使えば2時間消費します。

悪党を倒しに行くまでに使える準備時間は、たった10時間しかありません。

そのあいだに出来る限りのことをします。

f:id:nezumileader:20180722185354j:plain

まず一番左の「連絡」カードを試しに使ってみます。これを使うと、悪党のカードを1枚開くことが出来ます。

 

見てください。

このじじい、こんなヤバイもの隠し持ってやがった。

これだけで閃(スピード)が9撃(攻撃力)が8まで跳ね上がりました。

こんなのが7枚も隠されてる恐ろしさが分かるでしょうか。

f:id:nezumileader:20180722185427j:plain

 

こんなものは「対策」でポイしました。

あぶないあぶない。

f:id:nezumileader:20180722185457j:plain

 

このように悪党の情報を確認したりする以外に

自分自身を強化するカードもあります。

調査に時間を割くか、自身の修行に時間を割くか。

10時間をどのように使うかが、このゲームの面白さです。

たんれん、とっくん、せいしんとういつー\(^o^)/

f:id:nezumileader:20180722185524j:plain

ちなみに、1時間消費して仲間にカードをあげることもできます。

こいつを使ってくれー。Q(´▽` )

チームワークもこのゲームでは非常に非常に大事です。

 

10時間の準備が終わったら、どちらの成敗人がどちらの悪党と戦うか決めてから戦闘です。

戦闘時は悪党の伏せカードを全て公開します。

用心棒やら番犬やらで強化されていますが・・・

このじじい、遊興にふけって少し弱くなってる(・ω・)

f:id:nezumileader:20180722185555j:plain

 

悪党にも情けを

たまに、とんでもないどんでん返しがあることが。

 

悪党だと思ってたのに、実は善人だったのです!なんてことが。

この場合、倒してしまったら負けになります。

越後屋、良い人やったんやねえ。じじいとか呼んですまんかった・・・

f:id:nezumileader:20180722185633j:plain

以前このゲームをやった、あるプレーヤーは「対策」カードで「実は善人」を取り除いてました。

「やっぱり善人じゃなかったことにして、予定通り倒そう」と。

もはやどっちが悪党なのか・・・

あとでルール確認したら、それは出来ない方法でした。そりゃそうですな

 

こんなときのために「峰打ち」のカードもあります。

「お主にも家族がおるのだろう・・」

これで良い人は斬らずにすみますね。

f:id:nezumileader:20180722185704j:plain

 

そうして、それぞれの成敗人が勝利条件を満たすことが出来たら、

f:id:nezumileader:20180722185733j:plain

 

最後に決め台詞を言って、勝利の祝杯をあげましょう。

f:id:nezumileader:20180722185905j:plain

めでたしめでたしヾ(^▽^)

 

何度やっても、あと一歩で勝てない難易度の高いゲームですが

それだけに「ぐぬー次こそ絶対勝つ!」と、非常に燃えるゲームです。

全員が総力を尽くして、勝った時の嬉しさは格別ですよ。