遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

長縄時計 多人数運動遊び

多人数で出来る運動遊びの紹介 第4回

長縄時計

長縄を使うなら普通に8の字跳びをしたり、切れないように縄を束ねて綱引きでもすれば十分に楽しいのですが

こんな遊び方もあるというのを紹介したいと思います。

 

「8の字跳び」というのはこれですね。いちおう。

1人ずつ順番に、回っている縄を1回ずつ跳びながら

数字の8のような形のルートを通るやつです。

f:id:nezumileader:20180726205629j:plain

 

ねずみ「じゃあ今から時計をやります。説明するよー。静かにしなさーい」

生徒A「時計ってなにー?」

生徒B「先生、おにごっこしよー」

ねずみ「君は毎回いろんなこと言うなあ」

生徒C「のどかわいたー」

ねずみ「あっ、そうか休憩してなかった。ごめん。一回お茶タイムーー」 

f:id:nezumileader:20180726205740j:plain

必要なものとルール

必要なものは長縄1本のみです。

あとは広い場所の確保ですね。 

 

ねずみ「先生が時計の真ん中ね。みんなは時計の文字だから周りに立ってください」

 生徒が12人以上いる場合

2チームに分けて半分は座って待たせます。

f:id:nezumileader:20180726205815j:plain

 

ねずみ「バック!もっとバック!離れて!時計の文字だって言ったやん。

最初は縄を3周回すまで、縄が届かない場所にいて」

f:id:nezumileader:20180726205846j:plain

ねずみ「そしていけるかなと思ったら、ちょっとだけ近づいてその場でジャンプする」

 

縄を回す勢いをつけるため、縄の届かない、なるべく大きな円の形になるように指示します。

 

ねずみ「オッケ。では回すよー」

見た通りこれが時計です。勢いをつけながら縄をグルングルン回します。

生徒はタイミングを合わせて、縄が来るたびその場でジャンプします。

f:id:nezumileader:20180726205918j:plain

 

生徒「いーち、にーい」

f:id:nezumileader:20180726205946j:plain

 

ねずみ「さん!いけそうな人は入ってーー」

f:id:nezumileader:20180726210019j:plain

 

ねずみ「いや、ストップストップ!近づきすぎっ。そういうゲームじゃないから」

f:id:nezumileader:20180726210057j:plain

 

ねずみ「ええと・・・縄のはじっこで跳ぶ。

疲れたら少し下がれば休めるし。オッケー?」

生徒F「おっけーグーグル」

全員「どっ!」

f:id:nezumileader:20180726210122j:plain

 

タイミングに慣れてくるとかなり跳べてきます。

足に少しかすっても、縄に勢いが残っていたら回し続けます。

f:id:nezumileader:20180726210159j:plain生徒G「ぴょん」

 

何回か足に当たって止まったところで、次のグループと交代します。

 

広い場所なら、思い切り縄を伸ばせば全員が入れますし

また違った感じになりますね。

長いほど、縄の先端を重くして遠心力がつくようにする必要があります。

f:id:nezumileader:20180726210228j:plain

私は縄といっしょに自分ごと回るので目が回りますが、

上手い人なら、縄を背中越しに持ち替えて回すことも出来ます。

先生も生徒もけっこうバテる遊びなので、半分ずつ休憩するくらいでちょうどいいのかもしれませんね。