遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

The settlers CATAN(カタンの開拓者たち) ボードゲーム

厳選ボードゲーム紹介 第10回

The settlers CATAN(カタンの開拓者たち)

ボードゲーム界のレジェンドとも言うべきゲーム「カタンの開拓者たち」です。

厳選というにはあまりにも別格過ぎるので、最初から記事にしないつもりでいました。

野球に例えるなら「王貞治はすごい」と書いても、それはもはや改めて書く必要がないくらいの話ですよね。

しかし、やはりこの作品を素通り出来ないと強く思うようになり、第10回ということもあって、ここで改めて紹介してみようと思います。

 

ドイツのクラウス・トイバー作「カタンの開拓者たち」

現在のドイツゲーム隆盛の先駆け的作品であり、ドイツゲーム最大のヒット作品です。

世界20か国以上で販売され、累計販売台数は3000万以上とも言われています。

1995年ドイツ年間ゲーム大賞を始め、世界各国での受賞歴は数知れません。

f:id:nezumileader:20180716195020j:plain

とまあ堅苦しく書きましたが、ここからはいつも通り楽しんで書いていきますね。

最近記事がかしこまりすぎてると、ねずみは反省してます。

ボードゲームは本来楽しいものなのです。ヽ(^o^)丿わしょーい。

 

ゲームの準備。今日はどんな島にするー?

さあ、まずは舞台となるカタン島を作ります。

島を自由に作るところから始まるから、このゲームは何回やっても面白い。

六角形のタイルを組み合わせて・・・

f:id:nezumileader:20180716195045j:plain

 

ようこそ、いらっしゃいませカタン島へ

どーーーーーーーーーーーん。

無作為に並べるも、意図的に並べるも自由です。

このコンビニもない島で、これから暮らす想像をしながら読み進めてください。

f:id:nezumileader:20180716195138j:plain

 

大丈夫。ちゃんとそれぞれの土地から資源(カード)が採れますから。イメージしながら見てください。

左上の土地から順に、レンガ・羊毛・鉱石・小麦・木材が産出されます。

こうして比べて見ると、なるほどって思いますよね。

あと、右下の土地は砂漠なので、何も出ません。

f:id:nezumileader:20180716195110j:plain

写真を見返して思ったのですが、このカタン島を見るときのドキドキワクワク感はやはりすごい。犬が「散歩!」と聞いたときと同じくらい、「カタン!」と聞くとワクワクします。わんわん! 

土地から資源が採れる

準備の続きで、次は番号チップを砂漠以外に置きます。

どうやって資源を採るのかを先に書いておきます。

2つのサイコロで採るのです。

f:id:nezumileader:20180716195205j:plain

 

具体的に言えば、この土地ではサイコロを振って8が出たら木材が産出される、ということです。

ただし、もらえるのは、この周りに家を建ててる人だけ。

2つのサイコロで8はすごく出やすいから、こういう土地の周りは大人気です。

f:id:nezumileader:20180716195234j:plain

 

さあゲームスタート! 家を2軒建てていいよー

プレー順を決めたらゲーム開始前に家を建てられます。1人2軒です。

ABCの3人プレーならA→B→C→C→B→A の順に1軒ずつ建てていきます。

 

よっしゃあ、良い土地の取り合いじゃー(´っ・ω・)っ ここ俺んちな

 

見てください。赤の家の場所は、サイコロで5が出れば鉱石、8ならレンガ、10なら小麦が貰えるベリーベリーナイスな場所です。

サイコロは各プレイヤーが手番順に振りますが、誰が振ろうと貰えるものは貰えます。

f:id:nezumileader:20180716195259j:plain

赤い棒は道路です。これもセットで造れます。

 

実は道路を2つ繋げると、その先に新しい家が建てられるようになります。

そこで青プレーヤーは赤の邪魔をするため、赤が後で家を建てたそうなここにしました。

ここで赤プレーヤーは「ぐぬぬ」と言います。

このようにカタンは最初の場所選びが超重要なのです。

f:id:nezumileader:20180716195331j:plain

 

さて全員が家を建て終わりました。

上級者になると、この時点でどのプレーヤーが良さそうか分かるようになってきます。

ここでちょっと左上の赤の家を見てください。

f:id:nezumileader:20180716195408j:plain

 

ここはレンガ2個を好きな資源に交換できる港です。

赤はさっきのベリーナイスな家からレンガを採りやすいので、この作戦を取りました。

こういう作戦を考えるところが、このゲームの大きな面白さの1つです。

f:id:nezumileader:20180716195456j:plain

 

資源を使えばなんでも造れる

まず一番上を見てください。これはレンガと木材が1個ずつあれば、道路が造れますよという説明です。

同様に2番目はレンガ・木材・小麦・羊毛で家が造れる 

3番目は小麦2鉱石3で家を町にパワーアップ

4番目は羊毛・小麦・鉱石で発展カードが引ける、ということです

f:id:nezumileader:20180716195526j:plain

 

つまり、こんな手札なら道路と家が造れるので・・・

f:id:nezumileader:20180716195554j:plain

 

最初の家から道路を繋げて新しい家ができた!

(∩´∀`)∩やっはーーーー新築やーーー

この嬉しさと言ったらないです。

家は1軒につき1点(町は2点)10点取ったらゲームに勝利です

f:id:nezumileader:20180716195620j:plain

 

これは家を町にパワーアップしたところ。町の産出力は2倍!!

例えば、これでサイコロで8が出たら木材が2枚もらえるのです。

f:id:nezumileader:20180716195714j:plain

 

これが発展カード。なんらかの特典です。

道路を2つ造れたり、好きな資源がもらえたり、効果はいろいろですが説明は省略します。今は見やすい日本語版カタンが出ているので、カードの文章を読めば分かります。

f:id:nezumileader:20180716195751j:plain

 

7が出たらヒャッハー !

ちなみにサイコロで7が出たときは、砂漠の盗賊コマを好きな土地に移動させます。

そして、そこに家を建てているプレーヤーのカードを1枚盗むことができます。

さらに恐ろしいことに、こいつがこの土地にいる限りここから資源が出なくなります

こいつらはたぶん、北斗の拳に出てくるモヒカンのやつらです。

ヒャッハー!!いい土地だぜーーヽ(^o^)丿

f:id:nezumileader:20180716195648j:plain「あああ、主力だったレンガが出なくなる・・・」

次に7が出るまで、盗賊コマはここに置きっぱなしです。

交渉するという面白すぎるシステム

このゲーム最大の面白さ、それは他プレーヤーとの交渉です。 

 

ねずみ「木とレンガ1枚ずつ出すから、誰か石1個おくれよう」

ミケ「あほか。2枚ずつなら考えたるわ」

クロ「木とレンガに羊も出すならええで」

ねずみ「うーん。羊は持ってない」

ミケ「しゃあない。木とレンガと小麦でもええで」

ねずみ「それならあるけど、それは・・うーん、まあいいか。じゃあそれで」

ミケ「おっしゃ成立や」

f:id:nezumileader:20180717132243j:plain

この物々交換の交渉の面白さが、このゲームを比類なき名作にしています。

 

 

こうしてカタン島は自然との共生をしながら、美しく発展していきます。

たとえプレーヤー同士が、セコくえげつない資源交渉をしていようと・・・

f:id:nezumileader:20180716200112j:plain

f:id:nezumileader:20180716200137j:plain

どれだけ色々なゲームをやっても「やはりカタンが1番面白い」という人は多いです。

物々交換をしながら、家がどんどん建っていくというテーマが楽しすぎるのですね。