遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

Pig10(ぴっぐテン) カードゲーム

厳選カードゲーム紹介 第4回

Pig10(ぴっぐテン)

2011年日本ボードゲーム大賞ゆうもあ賞受賞作品、ぴっぐテンです。

もし「なつのたからもの」がなければ、間違いなくこの作品を第1回に紹介していました。

 

「なつのたからもの」はこちら↓

nezumileader.hatenablog.com

 

「ぴっぐテン」の素晴らしさは、小気味よいテンポでサクッと遊べる手軽さにありますが、

それが最上級に心地いいのです。例えるなら高速餅つきでしょうか。よっ、はい。よっ、はい。

 

そして手軽というのはまさしく手軽で、実際に10分で遊べます。ぴっぐテンだけに。

トップクラスに好きなゲームということもあり、まず100回以上は遊んでいます。

なのでこのようにすでに箱がボロボロです。

f:id:nezumileader:20180716194114j:plain

 

カードは0~10までの11種類あります。

グリム童話の世界でしょうが、全部ブタですね。すごくかわいいイラストです。

f:id:nezumileader:20180716194139j:plain

 

ぴっぐテンのあそびかた

最初に手札を3枚配ります。ゲーム中手札は常に3枚あるようにします。

1枚出したら山から1枚引く。

手番は1~2秒でどんどん回るので休んでる暇はないですよ。

f:id:nezumileader:20180716194242j:plain

 

合計を10にしたい

手番には手札からカードを1枚出します。

ここでは相手が7を出してきたとします。

f:id:nezumileader:20180716194307j:plain

 

そこでこちらは合計が10になるように3を出しました。

そして「ぴっぐテン!」と言いながら、カードをまとめて取ります。

カードの合計が10になると、場のカードを全部もらえるのです。

f:id:nezumileader:20180716194333j:plain

 

カードは「足し算」されていきます。下の例だと

「2」

「5」

「6」

「ぴっぐテン!」という感じですね。

f:id:nezumileader:20180716194404j:plain

写真では広げて見やすくしていますが、実際にプレーするときは上に重ねていきます。

 

10を超えてしまう場合

この手札では、どれを出しても10を超えてしまいますね。その場合はてきとうに1枚出して「オーバー」とでも言ってください。

オーバーした場合、場のカードは次のプレーヤーがもらえます。

f:id:nezumileader:20180716194437j:plain

 

特殊な出し方と特殊なカード

このように場の一番上のカードと同じ数字を出す場合、合計ではなく、そのままの数字で

「8」と言いながら出すことが出来ます。

f:id:nezumileader:20180716194505j:plain

 

そして「0」のカードは、そこまでの合計に関わらず「0」と言いながら出して、数字を0にします。

また「5」のカードは、表記されている通り5を引くことも出来ます。

f:id:nezumileader:20180716194539j:plain

 

よくこんなふうになる

このゲームの面白さは、ゲームの終了までアップテンポで進むリズムにありますが、

特に2人でやると、同じリズムの中で、

流れが極端に傾く時があるのが面白くて、お互い自然と笑い声が出てきます。

 

ねずみ「7」

ネコ「ピッグテン」

ねずみ「6」

ネコ「ぴっぐテン」

ねずみ「1」

ネコ「ぴっぐテン」

ねずみ「8」

ネコ「ぴっぐテン」

ねずみ「3」

ネコ「ぴっぐテン」

ねずみ「7」

ネコ「ぴっぐテン」

ねずみ「ぬはああああ( ̄д ̄)」

f:id:nezumileader:20180716194647j:plain

なんかどれを出しても、妙にシンクロして10にされてしまう流れが、ゲーム中によくあるのです。

開始前に十分にシャッフルしているんですが つД`)

 

慣れるほど、どんどんテンポが速くなるので、やればやるほど面白くなるのがすごい。

たった今も臨時で助っ人に行った仕事先に持っていきましたが、

帰り際に「ねずみリーダーの持ってきたゲームがめちゃ面白い」とウワサになっていたのを聞きのがしませんでした。

そう。びっぐテンは、めちゃ面白いんよヽ(´▽`)/