遊びの教室とまとくんブログ

          面白いこと探すなりーヾ(^▽^)

とまとくん卓球場

卓球したい?分かった用意する。

生徒「先生、ずっと数学やってて疲れました。10分休憩したいです」

 

ねずみ「そうかあー。しょうがないなあ、のび太君は。

  「じゃあちょっと気分転換に、何かスポーツでもしようか」

 

生徒「あっ、いいですね。何のスポーツですか?」

 

どらえもん ねずみ「卓球しよう。はいっ! 卓球台 (*^◯^*)」

 ジャカジャン! 

 でかいスーツケース・・・ではないですよ。家庭用卓球台です。

f:id:nezumileader:20180630164017j:plain

 

このように足を出して組み立てれば・・ 

f:id:nezumileader:20180630164043j:plain

 

わずか1分で教室が卓球場に!

(;・∀・)ふうっ、まあ若干重たいので2人いないと起こすのは大変ですが。

台の大きさは、横が92cm、縦が184cmあります。家庭用なので公式の5分の3くらいのサイズです。

f:id:nezumileader:20180630164108j:plain

 

ということで、うちの生徒(猫)たちも、さっそく試合を始めました。

勝負にゃー!

f:id:nezumileader:20180630164134j:plain

体よりラケットのほうがでかいな・・・ 

ラケットとピンポン球

卓球のラケットには主に2種類あります。左がペンホルダー、右がシェークハンドです。

ペンホルダーはペンを持つように握るのでそう呼ぶようです。ほとんどの場合、片面だけにラバーを貼って使いますが、決まりではないそうです。シェークハンドは握手をするように持ちます。両面にラバーが貼られていますので、それぞれの面で特徴を変えることができます。

f:id:nezumileader:20180630164321j:plain

ラケットのラバーを変えることで球質も変化します。自分のスタイルに合わせたラケットにカスタマイズしたりと、卓球は奥が深いです。 

 

これはシェークハンドの裏面ですね。

そして卓球専門店で、でかいピンポン球を見つけたので買ってきました。こういう変化があると楽しいので、ラケットも球も、もっと色々なサイズがあったら欲しいところです。

f:id:nezumileader:20180630164348j:plain

 

卓球のルール

11点先取で、3ゲームまたは4ゲーム取ったら勝ちというのが公式ルールです。

サービス(サーブする人)は得点が2点増えるごとに交代します。

そして、卓球台に座ってはいけませんね。猫だからしょうがないか・・・ 

f:id:nezumileader:20180630164231j:plain

 

ゲームは白熱の展開で10対10に!

この場合11点で勝ちではなく、2点差がつくまで続きます。

f:id:nezumileader:20180630164206j:plain

 

強烈なバックハンドスマッシュ!

「ニャレーイ!」

f:id:nezumileader:20180630164254j:plain

これは決まるか!?

 

卓球にはカット打ちだったりドライブだったり、戦術やスタイルも個性があります。練習して得意な打ち方が増えると加速度的に面白くなってきます。

そうして少しだけ遊ぼうと思ったら、えんえんとやってしまう魅力がありますね。

最近の日本卓球の強さもあって、卓球人気はこれからどんどん上がっていきそうな気がします。